コラム

韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

2022年09月30日(金)18時55分
日韓関係

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<これはジョークか、現実か。韓国の尹政権は「未来志向」を強調しているが......>

【諸悪の根源】
韓国の政治家たちが集まり、日本について議論していた。

「私たち韓国人は、なんでもかんでも日本のせいにしてしまう傾向があるのではないか。この悪癖の原因は何であろう?」

政治家たちはいろいろと意見を交わしたが、やがて以下のような一つの結論が導き出された。

「この悪癖の原因は日本にある」

◇ ◇ ◇

2022年5月に発足した韓国の尹錫悦(ユン・ソギョル)政権。日本との「未来志向的な協力関係」を強調するなど、前政権との違いをアピールしている。

しかし尹大統領が主張しているのは、1998年に当時の金大中大統領と小渕恵三首相によって出された日韓共同宣言の継承。同宣言とは、日本側の「反省とおわび」が示されたものである。

韓国側としては「日本にはずっと反省とおわびをしていてほしい」のが本音であろう。

ただし、韓国では近年、若年層を中心に、自国の歴史教育に疑問を持つ人たちが少しずつ増えているようだ。冷静な議論ができるような環境が整っていくことを願う。

それにしても、小生が興味深く感じるのは、「韓国ジョーク」に対して過敏に反応する人たちが日本国内の一部に存在することである。

私はこれまでにアメリカや中国はもちろん、ロシアやヨーロッパ諸国、アラブ諸国などをネタにしたさまざまなジョークを紹介してきた。それぞれの国民性や民族的メンタリティーを笑うエスニックジョークは、世界のどこにでもある人気のカテゴリー。

しかし、韓国ネタのときだけ、不思議と過激に反応する人たちがいる。

その人たちの主張は「弱者を笑うな。風刺は強者に向けろ」。この主張自体には一定の真理があると思うが、私は率直に言って、現在の韓国を特段の「弱者」として見ていない。ごく対等の隣国として認識している。だからこそ、ジョークの対象となって当然だと考えている。

世界中、例えばフランスとベルギー、ルーマニアとハンガリー、オーストラリアとニュージーランドなど、隣国同士で「ジョークのやり合い」をしているのはむしろ至って当然のことである。

韓国ネタに対して過剰に反応する人たちこそ、かの国を下に見ているのではないか。

プロフィール

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イスラエル、ガザ攻撃 ヨルダン川西岸衝突で対立再燃

ワールド

ロシア、ラトビア大使に国外退去要請

ビジネス

アメックス、23年利益見通しが予想上回る 株価8カ

ビジネス

シェブロンの22年純利益過去最高、四半期利益は予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中