コラム

日本も世界も混沌としているのは●●のせい

2022年01月28日(金)17時05分
医者と建築家と政治家

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<昔からそういうものだと言えるかもしれないが......>

【最古の職業】
医者と建築家と政治家が「世界最古の職業とは何か?」というテーマで議論していた。

医者が言った。

「神はアダムの肋骨からイブをつくった。これは外科手術であり、医者の仕事と言えよう」

建築家が言った。

「神はその前に、混沌の中から世界を構築した。これは建築家の仕事である」

すると政治家がニンマリと笑いながら言った。

「それではその混沌をつくったのは、いったい誰なのかね?」

◇ ◇ ◇

政治家の全てが「混沌を生む存在」ではないだろうが、近年の政治情勢を鑑みるに、こんなジョークの一つも言いたくなる。

ただし、このジョークは20世紀の冷戦時代から世界各地で楽しまれてきた古典的なものだから、昔から「政治とはそういうもの」とも言える。

その上で記すが、2021年も実に多くの混沌が生まれた。その中には、まさに政治家自身から発せられた混沌も少なくなかったように思う。

「給付を現金にするかクーポンにするか」という問題で永田町もメディアも大騒ぎになったが、なんと余計な混沌であったことか。

同じく連日にわたって議論の俎上に上がっていた「文書交通費の問題」も結局、法改正は見送りとなった。与野党への国民の信頼は、より失墜したであろう。

ちなみに、世界のジョーク界では「キシダ・ジョーク」はまだ生まれていない。菅義偉前首相もそうであったが、存在感やキャラクターが確立されなければジョークの登場人物にはなれない。

国際政治ジョーク界における日本の存在感はもとより低いが、安倍政権時代にはまだ「登場シーン」があった。しかし、その後は出番が激減している。日本の総理が「端役」では寂しい。

どんどん混沌とする世界

国際情勢に目を転じれば、混沌はそのスケール感を一挙に増す。

中国は大国化への過程の中で、いよいよ覇権主義を隠さなくなっている。2月からは北京で冬季オリンピックが始まるが、米紙ワシントン・ポスト(電子版)は新疆ウイグル自治区などでの中国政府による人権弾圧を批判して、「ジェノサイド(民族大量虐殺)五輪」と命名した。

「平和の祭典」はまさに混沌の坩堝(るつぼ)と化しそうだ。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)、『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)など。最新刊は『戦時下のノーサイド 大学ラグビー部員たちの生と死』(さくら舎)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

台湾、市場の安定維持できる 資本流出は「一時的」=

ワールド

米副大統領、台湾と非公式関係深化へ 海峡での挑発で

ワールド

アングル:年々威力増すハリケーン、気候変動の影響を

ビジネス

証券監視委、SMBC日興に行政処分勧告 相場操縦巡

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中