最新記事

SNS

大人気アプリTikTokに君臨する「キング」の実像

The TikTok King

2020年09月08日(火)18時30分
ニューズウィーク日本版編集部

@zachking/TikTok

<TikTokで最も多く再生された作品をつくった男ザック・キングが語ったアプリ動画成功の秘訣>

ザック・キングはその名のとおり、動画共有アプリのTikTok(ティックトック)に君臨する「キング」と言ってもいい存在だ。「デジタル奇術」とも称される動画でユーザーを驚かせ、このアプリで最も多く再生された動画を制作したクリエーターとして知られている。

TikTokを運営するのは、中国企業のバイトダンス社。そのため、米中の摩擦が激化するなかで逆風が強まっている。本誌H・アラン・スコットがキングに話を聞いた。

NW_ZKG_001.jpg

コロナ禍の影響で自宅で家族と一緒に撮る動画が増えたと語るキング NATE NORELL

----もしTikTokが禁止されたら、どう思うか。

とても悲しい。でも、重大な影響はないと思う。TikTokが禁止されるかどうかに関係なく、似たような機能を持ったアプリは登場する。誰でも動画でブレイクできる時代は終わらないだろう。

----ソーシャルメディアの進化に伴って、あなたの動画も進化してきた。ソーシャルメディアの力を最初に認識したのはいつだったのか。

YouTubeに動画を発表し始めたのは10年以上前。そうした動画のいくつかが大きな話題を呼んだ。映像制作の講師業から、動画作りへと少しずつ比重を移していったのは、この時期のことだ。

数年後、新しい動画共有アプリの「バイン」が登場し、幸運に恵まれてブレイクを果たせた。バインでの活動を通じて、手品のような仕掛けを駆使した手法を確立できた。

----バイン(現在はサービス終了)とTikTokのどちらが好き?

バインへの愛情はずっと変わらない。短い動画という新しい世界を切り開いたのは、バインだった。

TikTokが画期的なのは、アルゴリズムがユーザーの気に入りそうな動画をリアルタイムで紹介すること。そのおかげで、ユーザーはコンテンツを楽しめるし、ユーザーの利用時間も長くなる。

ただし、よくない面もある。狭い範囲のコンテンツにしか目が向かなくなり、多様な動画に触れる機会が失われる。

----優れたTikTok動画の条件は?

TikTok向けにほかと違うタイプの作品を制作することはしていない。重要なのは、冒頭から興味をそそる内容にすること。ただし、ショッキングな動画というだけでは良質な作品にはならない。見終わったときに、「なるほど」と思わせる必要がある。

----コロナ禍の影響は?

スタジオでスタッフと一緒に動画を作れなくなり、道具をたくさん自宅に運び込んだ。2人の子供たちを主役にして、妻にカメラを持ってもらおうと考えた。その結果、父親としての側面に光を当てた作品が多くなっている。

----TikTok上で自分の動画がほかの人たちの作品に影響を与えていると思うか。

チャーリー・チャプリンが生きていたら、私が彼から多くの要素を盗んでいることに気付くだろう。私は、自分が1920年代や30年代の映画作りの手法を繰り返しているだけだと感じている。当時の人たちが今日のテクノロジーを持っていたら、こんな作品を好むだろうと思う作品を制作している。

それと同じように奇術のような手法を自分の作品で採用している人が大勢いるのは、見ていて楽しい。


20200915issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。

[2020年9月 1日号掲載]

関連ワード

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 4

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 5

    「英語下手」だった韓国人の英語力が向上したワケ

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!