最新記事

ファッション

「服は毎日変えない」新常識に? 着るものの買い方、選び方は変わっていくか

2018年12月12日(水)15時00分
寺町幸枝

100日間同じ服を着て登校すると宣言した中学教師のジュリア・ムーニー (インスタグラム oneoutfit100days より)

<100日間同じ服を着ると宣言した米国の教師。環境や社会に配慮したブランドを選ぶ英国のメーガン妃。ファッションにおけるサステナビリティを真に考える人が増えている>

今や「サステナビリティ」は世界規模で重要な考え方となった。ことファッションの世界では、製造過程のサステナビリティを意識せずにブランドビジネスは通用しないほど。しかしこれまでの購買行動そのものが変わらなければ、本当のサステナビリティは確立できないと考えている人たちも増えている。その影響はファッション業界に大きなプレッシャーをかけつつある。

全米メディアの注目を集めた、一教師の行動

USAトゥデイが報じたところによると、ニュージャージー州の中学で教師をしているジュリア・ムーニー(34歳)は、9月の学期始めから学校に出勤する丸100日間、同じグレーのボタンワンピースを着用すると、インスタグラムを通じて宣言した。その理由は、自分の生徒たちに「過剰という文化」について意識してほしいと思ったからだと言う。

「毎日同じ服を着てはいけないというルールはどこにも書かれていない」と話すムーニー。子どもたちの中にはびこる「新しい服を買わなくてはならない」というプレッシャーや、とにかくファストファッションに身を委ね、「消費、消費、消費」で頭がいっぱいの生徒や同僚たちに、彼女の行動をきっかけに、「服を着る」という行為について、意見交換をするきっかけにしたいと思ったというのだ。

しかしこの行動によって、ムーニーは一躍全米、そして世界を巻き込んだ大きな論争の中心になった。ここ数年、「ファストファッション」VS「サステナブルファッション」という構図が、次第に広まりつつある。この時の「サステナブルファッション」とは、リサイクル素材によってできた製品や、環境に配慮して作られた素材によってできた商品を購入すること。あるいは、これまでより少ない数になっても、品質が良く、長く着用できるものを購入することを意味してきた。

そしてこうした社会や環境に配慮した製品を購入することは、オーガニックフードや、動物実験せずに作られたメイク道具(通称クリーンメイクアップコスメ)を購入することが流行になったように、今や「トレンド」になりつつある。しかしここにきて、真のアンチファストファッションと言える、とにかく「新しい製品を購入すること」そのものへ、疑問を投げかける人が出てきたのだ。

RANKING

  • 1

    政治家が意図せざる「猫フィルター」付きで生中継 …

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    国際結婚のダークサイド 夫に親権を奪われそうにな…

  • 4

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 2

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    片付けの魔法で急増する古着ゴミ ガーナを悩ませる…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 3

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 4

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!