プレスリリース

20代独身「クリぼっち」は増加傾向、平日クリスマスが要因か。イブや当日の過ごし方は「おうちクリスマス」が主流

2019年12月13日(金)18時33分
LINE株式会社
LINEリサーチ、2019年の「クリスマスの過ごし方」を約58万人に調査

LINE株式会社では、同社が保有する国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。このたびLINEリサーチでは、「クリスマスの過ごし方」について調査を実施し、約58万人から回答が集まったため、その結果をお知らせいたします。


※調査結果の詳細はLINEリサーチの公式ブログでご覧いただけます:
https://www.linebiz.com/jp/column/research/20191213

今年のクリスマスは平日の24日(火)、25日(水)です。みなさんはどんなクリスマスを過ごす予定ですか?LINEリサーチでは、2016年、2018年に続き、「クリスマスの過ごし方」について調査を実施しました。

■クリスマスの過ごし方は、「おうちクリスマス」が定番
24日~25日のクリスマスの過ごし方を尋ねたところ、「いつも通り自宅で過ごす」が1位、2位に「ホームパーティーをする」が入り、3位に「仕事やアルバイト」となりました。2018年の結果と同じく、クリスマスでも、自宅で過ごしたり、仕事をしたりと、いつもと変わらずに過ごすというの定番になっているようです。


■「仕事」や「勉強」も上位に。 10代、20代のクリスマスのリアル
総合1位の「いつも通り自宅で過ごす」以外は、各世代でクリスマスの過ごし方に違いがみられました。
学生の割合が多い10代は「勉強や部活をがんばる」が28.2%、20代は「仕事やアルバイト」が32.0%となりました。「いつも通り自宅で過ごす」と組み合わせると、1日を通していつもどおりの日常を過ごす様子がうかがえます。
30代になると、子どもやパートナーなど生活を共にする家族の影響なのか、ホームパーティーでクリスマスを楽しむ様子がうかがえます。60代以上では、「素敵なレストランで食事」が上位にランクイン。いつもとは違う日を過ごす方もいるようです。


独身20代のクリぼっちが増加。平日が要因か
2018年の調査でも増加傾向だった、クリスマスに誰かと過ごす予定がない「クリぼっち」。独身20代男女の今年のクリスマスの過ごし方は、さらにクリぼっち増加の結果となりました。2019年のクリスマスイブ、クリスマスともに平日ということもあってか、仕事・バイト・勉強・部活などで過ごす回答が、2018年と比較しても男性は2ポイント、女性は5ポイント増加した結果となりました。


※2018年クリスマス調査はこちら
https://www.linebiz.com/jp/column/research/20181212/

※2016年クリスマス調査はこちら
https://www.linebiz.com/jp/column/research/20161220/

----------------------------------------------------
【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国10歳以上の男女
回答時期:2019年11月22日~11月25日
回答人数:587,319
----------------------------------------------------


LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

情報BOX:20年度2次補正後の予算フレーム

ワールド

中国工業部門企業利益、4月は前年比4.3%減 減益

ビジネス

情報BOX:20年度2次補正予算歳出・歳入の内訳

ワールド

中国、香港国家安全法の対象範囲を組織にも拡大=報道

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 8

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 9

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 10

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!