プレスリリース

【新サービス】シャイな花嫁に朗報!朗読が恥ずかしくても、花嫁の手紙の演出ができる!アバター形式の手紙絵本Bridal Bookが提携式場を募集!

2024年06月18日(火)09時30分
ラムリタ・プランニング(代表:本部 剛)は、2024年5月28日~29日に開催されたブライダル産業フェアにて、結婚式場向けの新しいサービス「Bridal Book」の提供と提携式場の募集を開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/398396/LL_img_398396_1.jpg
Bridal Bookの絵本1

■サービス概要
Bridal Bookは、結婚式で最も感動的な演出の一つである「花嫁の手紙」を、絵本として永遠に残すことができる新しいサービスです。結婚式当日だけでなく、式の前、式の後の体験をアップデートします。


■シャイな花嫁に朗報!
これまでシャイな花嫁は、手紙の朗読をしたくないという理由で、花嫁の手紙の演出をすることができませんでした。「Bridal Book」は、花嫁の手紙を絵本として手渡すことで、朗読をすることなく、贈呈の演出を行う事ができます。シャイな花嫁でも、自分の気持ちを絵本として伝えることができます。もちろん、しっかりと手紙を読みたい花嫁にも◎イラストをスライドショーを使って会場全体に手紙を共有することも可能です。


■式の前も、式の後も
<結婚式前>手紙となる絵本をじっくりと時間をかけて作るプロセスが楽しいと、お客様にご評価いただいています。作りながら号泣するというお客様もいらっしゃいます。

<結婚式後>絵本は両親へのギフトとなります。手書きの手紙に比べて、手に取りやすく何度もご両親が見返されます。また手紙はよく紛失してしまいやすいのですが、絵本は、置き場が決まりやすく紛失しにいと喜ばれます。


■特徴
・カスタマイズ可能な絵本:アバター形式で新郎新婦や両親の顔を自由に変更できます。また、入学式・反抗期などの多様なシチュエーションに対応。個々の結婚式に合わせたオリジナルの絵本を作成可能です。
・美しいイラスト:厳選されたプロのイラストレーターによる高品質なイラストで、感動的なシーンを演出。
・制作プロセス:オンラインでのデータ作成ウエブシステムを利用し、簡単に注文が可能。


■価格
絵本 :22,000円(税込)
スライドショーオプション:22,000円(税込)


■会社概要
ラムリタ・プランニング
所在地: 兵庫県神戸市灘区岩屋北町2-2-7
代表 : 本部 剛(もとべ つよし)
URL : https://bridalbook.net/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米6月PPI、前月比+0.2%・前年比+2.6%

ワールド

エジプト境界に監視システム設置、ガザ停戦協議で浮上

ワールド

イスラエル軍、ガザ最大都市攻撃後に撤退 数十人の遺

ビジネス

中国新規銀行融資、6月は急増も予想届かず M2伸び
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に上回る=独紙
  • 4
    和歌山カレー事件は冤罪か?『マミー』を観れば死刑…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    富裕層の「中国捨て」が止まらず...1万5000人以上が…
  • 7
    街の書店が激減しているのは、ネット書店のせいだけ…
  • 8
    南シナ海で睨みを利かす中国海警局の「モンスター船…
  • 9
    口から火⁈ ロックバンド「KISS」引退後は完全バーチ…
  • 10
    パリ五輪でも「やっぱり!」 国内からも反発が...ア…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 9
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 10
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中