プレスリリース

<SDGsトークイベント>【株式会社AN】セルフメディケーションの一助に

2022年11月24日(木)11時00分
株式会社AN(本社:東京都新宿区、代表取締役:向山 かおり)は、SDGsの取り組みとして2022年11月10日(木)高田馬場にてトークイベントを開催しました。今回は前田薬品工業株式会社取締役である大久保 功一様にSDGsに関する取り組み、今後のビジョンについて伺いました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/336233/LL_img_336233_1.jpg
Taromaのアロマ

URL: https://an-secretary.blogspot.com/2022/11/sdgs100.html


【イベントの背景】
株式会社ANは、「事業×人」「地球×人」「人×人」を事業理念に掲げ、100年先の未来に向けてサスティナブルなライフスタイルを提案します。
今回はSDGsの取り組みとして、製薬業界が考えるSDGsの理解を深めるため、大久保 功一様とのトークイベントを開催しました。

大久保様は前田薬品工業株式会社の天然国産アロマブランド「Taroma(タロマ)」を立ち上げ、人と地域の未来を考え、美しさと健康の実現のために取り組んでいらっしゃいます。
大久保様にSDGsの取り組みや今後のビジョンについてお話を伺いしました。


【イベント概要】
日時:2022年11月10日(木)
場所:高田馬場

※今回のイベントは、新型コロナウイルスの感染防止対策として、参加者のマスク着用・アルコール消毒を徹底しました。


【イベント内容】
◆Taroma(タロマ)の立上げ経緯や想い
・現前田社長は会社の医薬品改ざん問題や資金問題がある状態での就任となり、身体的・精神的な負荷による体調不良に悩まされていた。
・様々な薬を試しても改善されず途方に暮れていたところ、友人の勧めでアロマやハーブを使用しているサロンを利用した。アロマやハーブを通して次第に身体や気分の具合がすっきりし、精力的な日々を送れるまでに改善された。この経験から、前田社長はアロマやハーブを健康面に紐付けて興味を持つようになった。
・海外と異なり、日本でアロマは薬ではなく雑貨として扱われている。
日本でアロマを薬として販売はできないが、アクティブな日常に役立ててほしいと考え、薬品工業によるアロマブランド「Taroma」を立ち上げた。


◆前田薬品工業株式会社のSDGsの取り組み
・富山県の廃棄物を使ったアップサイクルでTaromaを開発している。

◎Taromaのアップサイクルで使用される廃棄物例
・年に一度開催されるラベンダー祭りで刈り取られた無農薬のラベンダー
・作物の獣害対策として植えられた柚子の木の実(柚子の実は熟れたら廃棄されていた)
・森林整備の際に間引きされたヒノキ


◆製薬会社である前田薬品工業株式会社がアロマを打ち出す理由
・"不健康になって初めて利用される"、"健康なときは必要無い"という製薬会社の概念の枠組みを変えたいと考えていた。
・健康または軽症のタイミングでのセルフメディケーションや、ケガや病気の後のアフターケアにおいても、製薬会社が役立てると考えた。
・アロマはセルフメディケーションやアフターケアの一助となるという点から、医薬品同様に健康面の重要な役割を担うと捉え、アロマにも力を入れるようになった。


◆Taroma以外の取り組み
美容や健康にフォーカスした「healthian wood(ヘルジアンウッド)」
・Taromaを使ったトリートメント施設やサウナ(2022年サウナミシュラン受賞)
・ハーブを使用したレストラン「The kitchen&TheTable」


◆今後のビジョン
・2030年を見据えた成長戦略で立てた目標達成を目指す。
・社員が主役となり自主的に成長することで、世界でも戦える企業にする。
・女性管理職の割合アップ、働き方など多様性の拡大を図り、多くの人が活躍できる企業にする。


トークイベントの詳細につきましては下記URLをご覧ください。
URL: https://an-secretary.blogspot.com/2022/11/sdgs100.html

株式会社ANはこれからもSDGsに積極的に取り組む様々な企業とコラボレートしていきます。


【大久保 功一氏プロフィール】
大久保 功一(オオクボ コウイチ)
前田薬品工業株式会社 取締役員

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/336233/LL_img_336233_2.jpeg
前田薬品工業、大久保様

前田薬品工業株式会社入社後、品質部門にて医薬品製造に関する品質保証体制確立に従事。
その後、安全管理等に関する業務を歴任。
2013年よりマルホ株式会社と前田薬品工業立山工場の立上プロジェクトに参画。
行政との交渉(工場建設に関する申請関係及び薬事面での対応)、実装に向けたマルホ社、大手ゼネコンとの協議、稼働に向けた品質保証体制確立に向けて責任者として従事。
同年、前田薬品工業にて改ざん問題が発覚。
2014年 立山製薬工場株式会社の立ち上げにつき出向にて対応。
2015年 出向解除となり前田薬品工業へ戻る。

以後、医薬品・化粧品の企画開発、責任者業務(統括製造販売責任者、製造管理者(薬剤師免許要))、海外医薬品輸出、新規会社立ち上げ等、医薬品に限らない前田薬品工業としてと新規案件に従事し、現在に至る。


【株式会社ANについて】
株式会社ANは2018年に設立後、日用品、雑貨品の販売及び卸売・美容室の経営を行っています。サスティナブルなライフスタイルを提案し、100年先の未来に向けて多方面から貢献することを企業理念とし、SDGsへの取り組みを始め、すべての人が生き生きと仕事をし、毎日をより輝かせられるよう様々な活動に日々取り組んでいます。

会社名 : 株式会社AN
所在地 : 東京都新宿区大久保1-10-22
設立 : 2018年2月15日
代表者 : 代表取締役 向山 かおり
URL : http://an-k.co.jp/home/
事業内容: 日用品、雑貨品の販売及び卸売・美容室経営


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中