プレスリリース

TECC(中国語コミュニケーション能力検定)を自宅で気軽に受検 第4回TECC-iBT(一般公開試験)を9月25日(日)に実施

2022年08月09日(火)18時00分
中国語の実践的なコミュニケーション能力を科学的に測定する中国語資格「TECC(中国語コミュニケーション能力検定)」が、ご自宅でお気軽に受検ができると好評なTECC-iBTの第4回実施分の申し込みを開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/321266/LL_img_321266_1.png
実践的な中国語資格「TECC」

特徴1 仕事に通じる、心が通う中国語能力の測定
特徴2 日常生活やビジネスシーンを素材にした出題
特徴3 オンライン試験なので自宅のパソコンで簡単受検
特徴4 結果はたった一週間でダウンロード可能に
特徴5 今回はお得な割引クーポンコード付き


<第4回 TECC-iBT(一般公開試験)>
実施日 : 2022年9月25日(日)
時間 : 10:30開始(試験時間は解答開始から最大80分)
場所 : 自宅など静穏で安定したインターネットを利用できる場所
申し込み受付期限: 9月13日(火)23:59まで
申し込み方法 : 以下のTECC公式ページからお申込みください。
https://www.tecc.jpn.com/
*パソコンかタブレットPCでお申込みください。
受検料 : 7,590円(税込み)
*クレジットカード/コンビニ払い/銀行振り込み
でお支払いください。
(お申込みの際にはお得な受検料500円引きクーポンコード
「56v4tipp」をご利用ください。)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/321266/LL_img_321266_2.png
受検の様子

●●●自信がついたら、気軽に「TECC」●●●
■中国語の実践力を測定する信頼の検定!
TECC(Test of Communicative Chinese)は、中国語の実践的なコミュニケーション能力を科学的に測定するために開発された検定システムです。日常生活やビジネスシーンなどで実際にコミュニケーションする際の中国語運用能力を分析・検定します。

■国内中国語の検定では初のスコア表示。正確性の高い分析!
評価方法として、日本国内の中国語の検定では初めて1,000点満点のスコア表示方式を採用。スコアは、試験の点数だけではなく、テスト分析の世界的基準となりつつある「項目応答理論」による統計処理を行ったうえで評定。正確な指標として社会的な認知度も高まっています。

■多くの希望が採用・評価にTECCを活用!
TECCは、検定の趣旨に協賛した数多くの有名企業とともにスタートした検定試験です。その後もTECCを活用する企業は増え続け、就活生からも人気の高い企業の多くが、採用・昇進・評価・海外赴任者の選考や社員教育・研修などに幅広く活用しています。

■TECCはオンラインテストに進化
従来のTECCは、受検するために決められた試験会場に足を運ぶ必要がありました。オンラインテストに進化したTECC-iBTは、自宅で受検ができるようになりました。TECC-iBTは、人工知能を利用した独自の本人認証システムを採用しています。これにより、TECC-iBTは、より受検がしやすくスピーディーなオンラインテストでありながら、公平性の高いテストとなっています。

詳しくは、TECC公式サイト< https://www.tecc.jpn.com/ >をご覧ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECB10月に大幅利上げ必要、年内に中立金利達成も

ワールド

北朝鮮発射の弾道ミサイルの可能性あるもの、すでに落

ビジネス

ECB、10月も0.75%利上げ必要の可能性=スロ

ワールド

NATO事務総長、ガス輸送管に「破壊行為」 防護策

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中