コラム

NYタイムズがウィキリークス連載を「突然中止」は誤報?

2010年12月09日(木)21時55分

 昨日発売の本誌12月15日号は、ニューヨーク・タイムズがウィキリークス関連の報道で米政府の「助っ人」の役割を果たし、「メディアとしての責任と独立性を放棄した」と報じたばかり(「報道の自由を捨て去ったNYタイムズの失態」)。そんななか今度は読売が、ニューヨーク・タイムズが外交公電についての連載記事を突然「中止した」と報じた。

「突然中止」の理由について、読売はニューヨーク・タイムズが「米政府などの意向に応じた可能性を示唆した」と書いた。ニューヨーク・タイムズの連載が「8日付けは停止」と報じた日経は、「紙面で理由は明らかにしていないが、(ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジの)逮捕を受け自主的に規制したもようだ」と推測している。

 つまり、ニューヨーク・タイムズがとうとう政府の圧力に屈して「ウィキリークス報道を自粛」――そういうニュアンスだ。このニュースに「ニューヨーク・タイムズも落ちるところまで落ちたな」と思いながらも、「まさかそこまで?」とにわかには信じられず、ことの次第を調べてみた。

 どうやら、「突然中止」とも言えなそうだ。

 ニューヨーク・タイムズ電子版は、ウィキリークスが入手した外交公電に関する報道を開始した11月28日の翌日の29日に、「連載記事は9日間続く」と宣言していた。

11月29日付けニューヨーク・タイムズ電子版から引用:


In addition to a nine-day series of articles on the trove of documents, The Times plans to publish on its Web site the text of about 100 of the cables -- some edited and some in full -- that illuminate aspects of United States foreign policy.


 12月7日付けの同紙電子版のブログには、「ニューヨーク・タイムズの9日間に渡る外交公電についての連載は、月曜(12月6日)夜に終了した」と書かれている。

12月7日付けニューヨーク・タイムズ電子版のブログから引用:


The final installment in a 9-day New York Times series on the cables concluded on Monday night, but documents continue to be published by WikiLeaks and other news organizations.


 電子版での連載を開始した11月28日から12月6日までを数えると、ちょうど9日間だ(紙面での連載は29日から7日まで)。つまり、ニューヨーク・タイムズは「突然」ではなく、「予定どおり」連載を終了したのではないか。

 たしかに、連載終了はアサンジ逮捕の直後というタイミング。しかも、12月7日付けのブログには、この日にジョセフ・リーバーマン上院議員がウィキリークスだけではなくニューヨーク・タイムズについても、諜報法に違反した容疑で調査すべきだと息巻いたという報道がある(これはこれで、特筆すべきニュースだが)。同紙に米政府から圧力がかかったことは事実だろう。だが、ニューヨーク・タイムズが「政府の圧力に屈して連載を突然中止した」という推測は、行き過ぎだったと言えそうだ。

注:ニューヨーク・タイムズ電子版の該当記事へのリンクを張ると、ログインサイトが表示されるため、該当記事のタイトルを表記することにします。検索してみてください。

■11月29日付けニューヨーク・タイムズ電子版:"Answers to Readers' Questions About State's Secrets" 2パラグラフ目

■12月7日付けニューヨーク・タイムズ電子版:"Updates on Leak of U.S. Cables, Day 10" 冒頭

――編集部・小暮聡子
 

 
 

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ワールド

米共和党、中間選挙にらみ支出拡大 5月は民主党の倍

ワールド

感染再拡大の兆しあれば適切に措置、五輪でも同様=加

ビジネス

前場の日経平均は大幅続落、早期の米利上げ思惑でリス

ワールド

日米韓、北朝鮮巡りきょう協議 米特使が訪韓

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中