コラム

超銀河系セックスって何だ!?

2010年02月24日(水)19時30分

 イタリア政界が、またもやセックス・スキャンダルで揺れている。とは言っても今回の主役は、もはやスキャンダルの申し子と化したシルビオ・ベルルスコーニ首相ではなく、グイド・ベルトラーゾ防災庁長官だ。

 ベルトラーゾは、昨年のG8(主要8カ国)サミットの会場として、約3億2700万ユーロが投じられた関連施設の建設事業の入札に絡んだ汚職疑惑で捜査対象になっている。

 イタリアがこのニュースにショックを受け、新聞でも連日大きく報じられる事態になったのは、このスキャンダルがあまりにもベルトラーゾのイメージとかけ離れているからでもある。彼は勤勉な働きぶりと、まじめで冷静なイメージで国民から高い人気を誇ってきた男だ。どういうわけか、不真面目なはずのベルルスコーニの信頼も厚い。昨年のイタリア中部地震では救助活動を指揮し、ヒーロー的な存在になっていた。

 そんな彼のために、贈賄容疑で逮捕された建設会社社長が企画していたのは「メガ・ギャラクティック・セックス・パーティー」と呼ばれる(言うまでもないが)性的な接待。果たして何がメガ・ギャラクティックなのかは分からないが、ベルトラーゾは同社長が所有するフィットネスセンターで、マッサージ以上の性的なサービスを繰り返し受けていた疑いがもたれている。

 08年11月にはセンターに電話し、接待を要求するところを捜査当局が盗聴していたという。そこで彼は、「今、アメリカから帰国したところだ。今日の午後、フランチェスカ(ベルトラーゾの相手をしていたとされる女性)が空いているなら、ぜひ『徹底的な検査』を受けたい」と語ったとされる。

 どうだろう。昨年、大騒動を巻き起こした買春疑惑でベルルスコーニが言ったとされる「プーチンのベッドで待っていなさい」発言に比べると、まじめな人柄が感じられる発言ではないだろうか。

 とはいえ、今回の疑惑で2月10日には辞表の提出を余儀なくされてしまったベルトラーゾ。ベルルスコーニのように国民がスキャンダルに慣れっこになっていたり、「私は聖人ではない」と開き直ることもできないのが、まじめな男の悲しいところなのかもしれない。

――編集部・藤田岳人

このブログの他の記事も読む

 裏切りと因縁と偽パスポート

 キャメロン監督が描く「ヒロシマ」とは

 カラチ・コネクション

プロフィール

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 9
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 10
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 9
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story