コラム

超銀河系セックスって何だ!?

2010年02月24日(水)19時30分

 イタリア政界が、またもやセックス・スキャンダルで揺れている。とは言っても今回の主役は、もはやスキャンダルの申し子と化したシルビオ・ベルルスコーニ首相ではなく、グイド・ベルトラーゾ防災庁長官だ。

 ベルトラーゾは、昨年のG8(主要8カ国)サミットの会場として、約3億2700万ユーロが投じられた関連施設の建設事業の入札に絡んだ汚職疑惑で捜査対象になっている。

 イタリアがこのニュースにショックを受け、新聞でも連日大きく報じられる事態になったのは、このスキャンダルがあまりにもベルトラーゾのイメージとかけ離れているからでもある。彼は勤勉な働きぶりと、まじめで冷静なイメージで国民から高い人気を誇ってきた男だ。どういうわけか、不真面目なはずのベルルスコーニの信頼も厚い。昨年のイタリア中部地震では救助活動を指揮し、ヒーロー的な存在になっていた。

 そんな彼のために、贈賄容疑で逮捕された建設会社社長が企画していたのは「メガ・ギャラクティック・セックス・パーティー」と呼ばれる(言うまでもないが)性的な接待。果たして何がメガ・ギャラクティックなのかは分からないが、ベルトラーゾは同社長が所有するフィットネスセンターで、マッサージ以上の性的なサービスを繰り返し受けていた疑いがもたれている。

 08年11月にはセンターに電話し、接待を要求するところを捜査当局が盗聴していたという。そこで彼は、「今、アメリカから帰国したところだ。今日の午後、フランチェスカ(ベルトラーゾの相手をしていたとされる女性)が空いているなら、ぜひ『徹底的な検査』を受けたい」と語ったとされる。

 どうだろう。昨年、大騒動を巻き起こした買春疑惑でベルルスコーニが言ったとされる「プーチンのベッドで待っていなさい」発言に比べると、まじめな人柄が感じられる発言ではないだろうか。

 とはいえ、今回の疑惑で2月10日には辞表の提出を余儀なくされてしまったベルトラーゾ。ベルルスコーニのように国民がスキャンダルに慣れっこになっていたり、「私は聖人ではない」と開き直ることもできないのが、まじめな男の悲しいところなのかもしれない。

――編集部・藤田岳人

このブログの他の記事も読む

 裏切りと因縁と偽パスポート

 キャメロン監督が描く「ヒロシマ」とは

 カラチ・コネクション

プロフィール

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!