ニュース速報

ワールド

中国、無症状感染・軽症者の自宅隔離を容認 コロナ共存準備か

2022年12月08日(木)15時21分

 12月7日、中国の国家衛生健康委員会は、新型コロナウイルスの無症状感染者や症状の軽い感染者について、自宅での隔離を認める方針を発表した。写真は北京市で撮影(2022年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 7日 ロイター] - 中国の国家衛生健康委員会は7日、新型コロナウイルスの無症状感染者や症状の軽い感染者について、自宅での隔離を認める方針を発表した。当局が新型コロナと共存するための準備を進めていることが示された。

感染者の大半は無症状か軽症で、特別な治療は必要としていないと指摘。「無症状や軽症の感染者は自宅での隔離が可能だ。症状が悪化した場合には、治療のため速やかに指定した病院に搬送される」とした。

また国内で移動する際の検査義務を廃止する。

隔離の手続き変更は、ウイルス変異の特徴に応じた予防と管理方法の調整を反映したと説明した。感染者の自宅隔離はルールの重要な変更点となる。

中国では感染者が1人出ただけで地域全体でロックダウン(都市封鎖)が実施されていたが、先月打ち出した新たな隔離方針では、感染者の出た建物のみの封鎖に限定した。

国家衛生健康委は、危険度の高い地域を指定する際には建物やフロア、世帯ごとに正確に行い、住宅地やコミュニティ全体に恣意的に拡大してはならないと指摘した。

新型コロナ流行を予防するために「単純化や一律化された」手段を取ったり、追加措置を行ったりすることを断固として改め「形式主義や官僚主義」を否定し克服するよう地方自治体に促した。

「ゼロコロナ」政策については言及していないが、新たな対策とガイドラインを実施する際には、直近の感染抑制のための手続きに従うべきとした。

6月下旬に発表された最新版の手続きでは、海外からのウイルス流入を防ぎ、国内の流行を抑えながら、感染が確認された場合は「動的に」ゼロにすることを基本としている。

今回発表された措置の多くは、抗議活動後に国内のさまざまな地域ですでに導入されているが、市民、投資家、外国企業からは歓迎の声が上がっている。

ただ、国家衛生健康委員会の報道官は会見で、旅行に関する措置の変更は「段階的に」行うとコメントした。

今回の措置は低迷する中国経済と通貨人民元を支援し、世界経済の成長を後押しする可能性があるとアナリストは評価している。

上海保銀投資管理(ピンポイント・アセット・マネジメント)のチーフエコノミスト、張智威氏は、「今回の政策変更は大きな前進だ。中国は2023年半ばまでに国境を完全に開放すると予想している」と述べた。

*動画を付けて再送します。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

〔情報BOX〕パウエル米FRB議長の発言要旨

ビジネス

再送-米景気後退の可能性低下、労働市場好調で=ミネ

ビジネス

力強い米雇用統計、一段の利上げの必要示す=FRB議

ワールド

トルコの地中海沿岸で港湾火災、操業停止 地震の影響

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中