ニュース速報

ワールド

広東省の製造拠点・東莞市、大規模なコロナ検査開始 港湾混雑

2021年06月21日(月)18時50分

 6月21日、中国南部・広東省で製造業の一大拠点になっている東莞市が、新型コロナウイルスの大規模検査を開始した。広州市で2日撮影(2021年 ロイター/China Daily)

[北京 21日 ロイター] - 中国南部・広東省で製造業の一大拠点になっている東莞市が21日、新型コロナウイルスの大規模検査を開始した。今回の流行で初の感染者が見つかった地域は封鎖されている。

広東省では国内で初めてデルタ株が流行の主流となっている。デルタ株はインドで初めて確認された変異株で、専門家によると、感染力が強い。

東莞市は、18日以降2人の感染が確認されたことを受けて、21日に市内全域で新型コロナ検査を開始。市外への不要不急の移動を控えるよう指示した。

市外に出る場合は、出発前の48時間以内に検査で陰性結果が出ることが条件となる。

他の都市に向かう高速道路の入り口が閉鎖されているほか、広州と深センの空港を結ぶシャトルバスも運行を停止。市内の一部の博物館や図書館も閉鎖されている。

ただ、工場の稼働は続いているという。

広東省では5月21日以降、感染者が168人に上っている。90%近くは省都・広州で確認された。

感染者数は相対的に少ないが、同省は旅行者や貨物の受け入れ拠点となっており、警戒を強めている。

広州では2日連続で感染者が報告されていないが、広東省全体では引き続き新規の感染者が報告されている。

<港湾の混雑>

中国で最も多く利用されるコンテナ港の1つである広東省深セン市の塩田国際コンテナターミナル(YICT)では、5月21日以降、厳しい消毒・検疫措置を実施。港湾の混雑につながっている。

海上貨物運賃を分析しているXeneta(オスロ)の代表は「スエズ運河の封鎖事故よりも影響は大きいだろう」とし、50隻の船舶が港外で入港待ちの状態となっており、160隻以上に影響が及んでいると指摘した。

「港湾の混雑緩和を待ち切れない輸出業者は、中国から欧州へのトラック輸送に切り替えている」という。通常の操業状態は6月末までに再開する見通し。

ただ海運大手のマースクによると、YICTの混雑が緩和しても、深センの蛇口港、広州の南沙港の混雑は続くとみられている。

<油断できず>

国内の専門家は、広州のデルタ株対策が、国内の他地域の警戒態勢強化を促す上で寄与すると指摘している。

中国国家衛生健康委員会の21日の発表によると、20日に中国本土で報告された新規感染者は17人で、前日の23人から減少した。

このうち1人は東莞市の患者。もう1人は外国からの渡航者だった。

無症状感染者は19人で、前日の20人から減少した。

*カテゴリーを追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ノキア、通期予想を上方修正 第2四半期の業績が予想

ワールド

コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣

ビジネス

エアバス、通期利益見通しを2倍に引き上げ 上期決算

ビジネス

英住宅ローン融資額、6月は179億ポンド増 過去最

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中