ニュース速報

ワールド

情報BOX:来週開幕、中国全人代の概要と見通し

2021年02月28日(日)15時41分

 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が3月5日に開かれ、政府が今年の目標と経済発展5カ年計画を発表する。写真は2020年5月、全人代が開かれた北京の人民大会堂で撮影(2021年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[北京 25日 ロイター] - 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が3月5日に開かれ、政府が今年の目標と経済発展5カ年計画を発表する。大会の概要と見通しをまとめた。

◎「両会」とは

全人代は決定事項をそのまま承認する議会。おおむね形式的な助言組織である全国政治協商会議(政協)と併せて「両会」と呼ばれる。

全人代は今年は3月5日に始まり、会期は約1週間の見通し。政協も並行開催される。

通常5000人ほどの代表が集まる。今年は厳格な新型コロナウイルス感染防止策の下で開催される。昨年は新型コロナ感染拡大に対応して5月に延期された。

議題の目玉は2021年の政治活動報告と、第14次5カ年計画の公表。5カ年計画は数百ページに及び、25年までの優先事項が列記される見通し。

全人代での法案採決は中国共産党の意向に沿うものとなり、通常は圧倒的多数の賛成で可決される。ただ時には汚職や犯罪などの問題に関し、出席者が党の方針から外れて不満をはき出すこともある。

規定上は18歳以上の全国民が、下部組織の投票を通じて代表に選出され得るが、実際には地元の政府関係者が自分で決めるケースがほとんど。

通例通りなら、李克強首相と王毅国務委員兼外相が記者会見を開く。

◎活動報告の内容

通常は年間の国内総生産(GDP)成長率目標が発表されるが、昨年は、コロナ禍により景気見通しが不透明となったため発表が見送られた。

複数の政策筋がロイターに語ったところによると、今年も目標は発表されない見通し。ただアナリストは、経済がコロナ禍による昨年の落ち込みから力強く回復しているため、今年の成長率は8%を超える可能性があるとみている。

今年のインフレ率、雇用創出、財政赤字、地方政府の債券発行については目標が発表される見通し。

通常は防衛費の伸び率見通しも盛り込まれる。昨年は6.6%と過去約30年間で最低だった。しかし今年は国内経済が好転し、台湾などとの間で緊張が高まっているため、伸びが加速すると多くのアナリストは予想している。

全人代は香港について、親中派の「愛国者」のみによる統治体制を確保するため、選挙制度改革を検討する見通し。昨年は全人代で「香港国家安全維持法」の導入を示唆した1カ月後に、同法が成立した。何か月にも及んだ抗議活動に対抗した動きだった。

◎5カ年計画の内容

アナリストによると、2021―25年の5カ年計画は、環境問題への対応と技術革新を進め、外国への依存度を減らす経済構想を打ち出す見通し。

今回の計画に盛り込まれるのは成長、環境保護、技術発展、生活水準についての大まかな目標であり、より具体的な計画は後日公表する予定。

ロイターが先に報じた通り、5年間の年平均成長率目標は約5%に設定される可能性が高い。これに先立つ5年間の目標は「6.5%超」だった。

技術革新の促進が計画の柱となりそうだ。これは米国との緊張が高まる中、中国技術産業のサプライチェーンが抱える脆弱性を減らす狙いもある。

国内消費をてこ入れし、習近平国家主席が掲げる「双循環」戦略の下で、内需拡大と、外国に依存しない自給態勢を促す改革も公表する可能性がある。

60年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする習氏の目標に向け、排出削減も優先課題の1つに挙げられそうだ。中国は急速に高齢化が進んでいるため、人口動態の変化に伴う課題が取り上げられる可能性もある。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米、「為替操作国」指定ゼロ 日中韓など11カ国を監

ワールド

中国、日米共同声明に断固反対 台湾や香港は国内問題

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

ラウル氏、キューバ共産党トップ退任表明 カストロ時

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 6

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 10

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中