ニュース速報

ワールド

ベラルーシ大統領6選、反政権派は結果認めず抗議デモ続く

2020年08月11日(火)08時41分

 9日に行われたベラルーシ大統領選挙は、現職のルカシェンコ大統領の勝利が確実となった。ミンスクで代表撮影(2020年 ロイター)

[ミンスク 10日 ロイター] - 9日に投票が行われたベラルーシ大統領選挙は、現職のルカシェンコ氏が80%を得票して6選を決めた。これに対し、反政権側は投票に不正があったとして選挙結果の受け入れを拒否。首都ミンスクなどで前日に続き抗議活動が広がり、警官隊と衝突した。

元英語教師で数週間前に主要な対抗馬に浮上したスベトラーナ・チハノフスカヤ氏の得票率は約10%だった。

ロイターの目撃者によると、ミンスクのデモでは警察が参加者を警棒で殴るなどし、数十人が拘束された。警察は道路も封鎖している。RIA通信は、ジャーナリスト1人が脚をゴム弾で撃たれて病院に運ばれたと報じた。現地メディアによると、他の都市でもデモ隊と警察の衝突が起きているという。

市民の抗議活動は、9日の投票締め切り後にも発生。警察の排除措置により、少なくとも1人が死亡、数十人が負傷した。

チハノフスカヤ氏の所在を巡っても懸念が浮上している。リトアニアのリンケビチュウ外相はツイッターに「数時間にわたりチハノフスカヤ氏と連絡を取ろうとしている。同氏の側近にも居場所が分からない。安否を非常に憂慮している」と投稿した。

チハノフスカヤ氏はこれより先、自分が勝者だと考えていると記者団に話し、投票結果が不正に操作されたと述べていた。

海外の選挙監視団は1995年以来、ベラルーシの選挙が自由で公正であるとは認めておらず、今回も選挙前にルカシェンコ氏の対抗馬が拘束されたり、大統領に反対の声を上げた人物への捜査が行われるなどした。

反政権側は当局と協議を行う用意があると表明したが、ルカシェンコ氏は応じる姿勢を示していない。

ルカシェンコ氏は1994年から大統領の座にあるが、経済政策や人権問題、新型コロナウイルスへの対応で市民から批判の声が上がっており、前途は多難だ。

しかし、同氏は退陣しない意向を示唆。ベルタ通信によると「適切な対応を取る。国の分断は容認しない」と述べた。

また、政権転覆を狙う外国勢力がデモ隊を操作し、暴力をあおっていると主張した上で、そうした試みは容認しないと表明。「革命は起きない」と改めて強調した。

今回の大統領選はロシアも注視。ベラルーシはロシアから西側諸国への原油輸出の中継地であるほか、北大西洋条約機構(NATO)諸国との緩衝国とされてきた。プーチン大統領はルカシェンコ氏に再選の祝電を送り、関係深化を呼び掛けた。

ドイツは欧州連合(EU)に対し、ベラルーシへの制裁について協議を呼び掛けた。

EUのボレル外交安全保障上級代表(外相)とバルヘリ欧州委員(近隣・拡大政策担当)は「平和的な抗議活動に対する国家の不相応で容認できない暴力」によって選挙が損なわれたとする共同声明を発表。暴力を非難し、拘束された全員の即時釈放を求めると表明した。

ポンペオ米国務長官も10日、選挙は「自由で公正ではなかった」とし、「デモ参加者に対する暴力や反政権側支持者の拘束に加え、インターネットを遮断して選挙やデモに関する市民の情報共有を阻止する措置を強く非難する」と表明した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

英政策金利、0.1%が下限と認識=ラムスデン副総裁

ビジネス

中国指導部、重要会議で次期5カ年計画成長目標下げ承

ワールド

タイ、外国人の出国猶予と非常事態宣言を10月末まで

ワールド

韓国大統領、南北軍事ホットライン再開必要 射殺男性

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!