ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、減産延長や景気回復への期待で3カ月ぶり高値

2020年06月03日(水)13時33分

 3日の原油先物は上昇。北海ブレント先物は3カ月ぶりに40ドル台に乗せた。テキサス州ミッドランドの油田で2019年2月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[東京 3日 ロイター] - 3日の原油先物は上昇。北海ブレント先物は3カ月ぶりに40ドル台に乗せた。主要産油国が減産期間を延長するとの期待や新型コロナウイルス危機からの回復が燃料需要を支えるとの見方が背景となっている。

0252GMT(日本時間午前11時52分)現在、北海ブレント原油先物は0.43ドル(1.1%)高の1バレル=40ドル。一時40.42ドルまで上昇し、3月6日以来の高値を付けた。2日は3.3%上昇した。

米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は0.68ドル(1.9%)高の1バレル=37.49ドル。こちらも一時、3月6日以来の高値となる37.88ドルまで上昇。2日は3.9%上昇した。

原油価格は新型コロナの発生地である中国の景気改善や他国の経済活動再開を受け、ここ数週間に4月の安値水準から大幅に上昇している。

また関係筋によると、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は日量970万バレルの減産合意について、4日にも開催が見込まれるオンライン会合で7月か8月まで延長する可能性がある。

現在の合意では5月と6月に日量970万バレルの減産を実施し、7月から12月までは減産幅を日量770万バレルに縮小することになっているが、サウジアラビアはより大規模で長期的な減産を呼び掛けている。

INGエコノミクスは「より大幅な減産は市場の均衡化プロセスの加速につながる」とし、「今年下期が近付く中、市場はすでに供給過剰から供給不足へとシフトする見通しとなっている」と述べた。

キャピタル・エコノミクスはノートで「新型コロナウイルス関連のロックダウン(都市封鎖)措置の解除が続く中、われわれは需要が徐々に回復すると見込んでいる」と指摘。世界の石油消費について、2020年は平均で日量9200万バレル弱に落ち込むと予想。19年は日量1億0020万バレルだった。

また、石油が年内に「小幅に不足」する公算が大きいとし、「価格をある程度さらに支援しそうだ」と付け加えた。

米石油協会(API)が2日公表した週間在庫統計によると、5月29日までの週の原油在庫は前週比48万3000バレル減少した。ガソリンと留出油の在庫は上昇した。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ドル8週ぶり高値、世界経済の回復に疑問=NY市場

ワールド

新型コロナ危機、回復に何年もかかる恐れ=IMF筆頭

ワールド

米大統領、キューバ産ラム酒と葉巻の輸入に新たな制限

ワールド

トランプ氏、大統領選「最高裁で決着」 判事は9人全

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少の理由とは?

  • 4

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 5

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 6

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 7

    どれだけ長生きできるかはお金で決まる? 東京、大…

  • 8

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 6

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!