ニュース速報

ワールド

ジョンソン英首相、集中治療室に 新型コロナの症状悪化

2020年04月07日(火)08時36分

英首相官邸は6日、新型コロナウイルスに感染し5日に入院したジョンソン首相(55)が集中治療室(ICU)で治療を受けていることを明らかにした。3月撮影(2020年 ロイター/TOBY MELVILLE)

[ロンドン 6日 ロイター] - 英首相官邸は6日、新型コロナウイルスに感染し5日に入院したジョンソン首相(55)の症状が悪化し、集中治療室(ICU)に移されたことを明らかにした。首相は意識があるが、人口呼吸器が必要になった場合の予防的措置だと説明した。

首相が仮に職務遂行が難しくなった場合、どの閣僚が代理を務めるかについて明確な規定はない。ただ、ジョンソン氏はラーブ外相に首相代理を務めるよう既に要請している。

首相は、新型コロナ検査で陽性が判明してから10日以上過ぎても高熱などの症状が続いたため、5日夜に検査入院した。

首相官邸は先に、ジョンソン氏は元気で、職務を継続していると明らかにしていた。ただ、6日午後に症状が悪化し、1800GMT(日本時間7日午前3時)前後にICUに入った。入院先はロンドン中心部にあるセント・トーマス病院。

関係筋によると、ジョンソン氏は酸素吸入を受けたという。

首相官邸の声明は「きょう午後に首相の症状が悪化し、医療チームの助言により、病院のICUに移された。首相は筆頭国務大臣であるラーブ外相に、必要に応じて代理を務めるよう要請した」とした。「現時点で首相は意識がある」という。

首相がICUに入ったニュースを受け、英ポンドは1ポンド=1.230ドルから1.221ドルに一時下落した。

ジョンソン氏は3月26日に新型コロナ検査を受け、陽性反応が出ていた。

首相の報道官は先に、ジョンソン氏が肺炎を発症しているかとの質問に回答を避けた。ただ、ICUに移されたことは、深刻な容体である可能性を示している。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の医用画像学教授、デレク・ヒル氏は「ジョンソン氏が極めて容体が悪いことは疑いようがない」と指摘。世界の新型コロナ感染症の症例をみると、特に40歳以上の年代で、女性よりも男性の方が重症化するケースが多いと説明。同時に、60歳前後かそれ以下の人々は、高齢者よりも、重症な容体から回復する確率が高いようだと語った。

フランスのマクロン大統領は「この困難な時にジョンソン氏とその家族、英国民に心からの励ましの言葉を贈る」と述べ、「この試練の時にジョンソン氏の早期回復を願う」とした。

ラーブ外相は6日、ジョンソン首相がICUで治療を受けている間、政府は首相の新型コロナ対策の実行に引き続き取り組むと表明した。

ラーブ氏は記者団に対し「政府の仕事は続く」とした上で、「政府としては、新型コロナに打ち勝ち、この難局を乗り切ることができるようジョンソン首相の計画を推し進めることに注力する」と述べた。

ラーブ氏は先の記者会見で、テキストメッセージか電話でこの日にジョンソン首相と連絡を取ったか質問され、首相と最後に話したのは4日だと回答していた。

ジョンソン氏は喫煙者ではないが、最近、体重を落としたいと述べていた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

仏経済、2020年は11%縮小へ=ルメール経財相

ビジネス

5月のユニクロ国内既存店売上高は前年比18.1%減

ワールド

香港長官、国家安全法巡る海外の反応批判 3日に北京

ビジネス

韓国、WTO紛争処理手続きを再開へ 日本の輸出管理

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!