ニュース速報

ワールド

中国、第1段階合意で米からの輸入拡大確約 自動車など=関係筋

2020年01月15日(水)08時21分

 米国と中国が15日に調印する「第1段階」通商合意について、中国が米製品・サービスの購入を向こう2年間で拡大すると確約したことが、関係者の話で明らかになった。写真は中国と米国の国旗。2018年撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米国と中国が15日に調印する「第1段階」通商合意について、中国が米製品・サービスの購入を向こう2年間で拡大すると確約したことが、関係者の話で明らかになった。

合意の説明を受けた関係筋によると、中国は向こう2年間に、米国で製造された製品の購入を2017年比で約800億ドル増やす。このほか、エネルギー関連で500億ドル強、サービスで約350億ドル、農産品で約320億ドルそれぞれ購入を拡大する。農産品の購入拡大は1年あたりおよそ160億ドルとなり、17年実績の240億ドルと合算するとトランプ米大統領が目標としていた400億ドルとなる。

17年比で約320億ドルの農産品輸入拡大は、全米商工会議所で国際事務を担当するマイロン・ブリリアント氏が13日の北京での記者会見で確認していた。

合意内容は、15日午前11時半(日本時間16日午前1時半)にホワイトハウスで行われる「第1段階」通商合意の署名式典にで発表される見通し。式典にはトランプ米大統領と中国の劉鶴副首相が出席する。

一方、米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官は14日に発表した共同声明で、対中関税の将来的な引き下げは合意に含まれていないと明らかにし、ブルームバーグの報道を否定した。

合意では、詳細な購入額を記した付属文書が唯一、非公表になると説明した。

関係筋によると、中国が輸入を約800億ドル拡大するという米製品には、自動車、自動車部品、航空機、農機、医療機器、半導体が含まれるという。

関係筋は、輸入拡大の対象となる米サプライヤーの具体名は挙げなかったが、ボーイング製航空機の購入が拡大される可能性がある。ボーイングによる中国への新規販売は、過去2年間途絶えている。

ただ、輸入拡大額を明らかにした関係筋は、中国による製品購入確約に疑念を表明。米中通商合意が、調達ルールや製品基準、中国国有企業への補助金を含め、これら米製品を中国市場から数十年にわたって締め出していた非関税障壁に対処していないためという。

中国自動車販売が低迷し、国内組み立て能力の余剰が拡大する中、中国が米国でつくられた自動車をさらに大幅に買い入れる必要性も見出しがたい。

中国はまた、米国製品の輸入を増やすとしている、まさにこうした製造分野で支配的地位を占めるという産業政策目標を掲げており、懐疑論に拍車をかけている。

上院民主党トップのシューマー院内総務はトランプ氏宛てに書簡を送り、中国の「強欲な貿易慣行」や構造的な不公正さに対応していない弱い合意は、米国の労働者と企業に今後何年間も悪影響を及ぼすことになると警告。

同氏は記者団に、第1段階合意の真の勝者は中国だと述べ、中国は既にアルゼンチンおよびブラジル産の大豆の長期購入契約を結んでいるため、米国産大豆の購入を引き上げる「確証はない」と強調した。

多くのエコノミストや専門家もまた、第1段階合意が文章通り履行されることを疑問視している。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

一部諸国、ロックダウン緩和で感染増加の傾向=WHO

ビジネス

5月米雇用250万人増、失業率は13.3%に改善

ワールド

北朝鮮、中国の香港政策に支持表明

ワールド

アングル:持続化給付金、委託費巡り野党追及 2次補

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 10

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 10

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!