ニュース速報

ワールド

トランプ弾劾、米民主党は証人招致に固執 宙に浮く裁判日程

2020年01月10日(金)11時23分

 1月9日、米民主党は、共和党が主導権を握る議会上院でのトランプ大統領の弾劾裁判を巡り、あくまでも証人の招致をめざす方針を示した。写真は民主党のペロシ下院議長(2020年 ロイター/TOM BRENNER)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米民主党は9日、共和党が主導権を握る議会上院でのトランプ大統領の弾劾裁判を巡り、あくまでも証人の招致をめざす方針を示した。しかし、上院共和党トップのマコネル院内総務は証人招致についての事前合意には応じない姿勢を鮮明にしており、弾劾裁判の日程は宙に浮いたままとなっている。

証人を呼ぶためには、上院(定数100)の過半数の賛成が必要だ。民主党のシューマー上院院内総務は、上院での採決で弾劾裁判の冒頭での証言が拒否されたとしても、ボルトン前大統領補佐官を含む4人の証人の招致を認めるよう共和党に要求すると述べた。

証人招致を巡る採決では、共和党の上院議員53人のうち4人が造反すれば民主党の要求が通ることになる。

民主党側の懸念は、新たな証人への質問をしないまま評決に持ち込まれ、トランプ氏「無罪」で早期に決着してしまう共和党の筋書き通りになる展開だ。

<民主党にとってもパンドラの箱>

ただ、承認招致は民主党にとってパンドラの箱を開けることになりかねない。民主党が過半数を占める下院は12月にウクライナ疑惑を巡る「権力乱用」と「議会妨害」でトランプ氏を弾劾訴追したが、トランプ氏は、証人を招致するのなら民主党のバイデン前副大統領やその子息であるハンター・バイデン氏らも証言すべきだとの考えを示している。トランプ氏はボルトン氏による証言を阻止する意向も示唆している。

民主党のペロシ下院議長は、まず上院が弾劾裁判をどのような条件で行うかを確認したいとして、下院で可決した弾劾条項を上院に送ることを留保している。このため、弾劾裁判をいつ実施できるか、日程はめどが立っていない。

「用意ができれば送付する。恐らくもうすぐだろう」とペロシ議長は記者会見で述べた。関係筋によると、マコネル上院院内総務は共和党の議員らに対し、早ければ10日も弾劾条項が送付されてくるとの見通しを示した。そうなれば来週にも弾劾裁判が開かれることになる。

米下院司法委員会が昨年末に可決したトランプ氏に対する弾劾条項は「権力乱用」と「議会妨害」の2つ。「権力乱用」は、トランプ氏がウクライナ政府に対し、軍事支援と首脳会談の引き換えに2020年の米大統領選の有力候補であるバイデン前副大統領に関する調査の開始を求めたとされる疑惑。「議会妨害」は下院の委員会による弾劾訴追調査への協力を拒否し、政府高官の証言や政府機関の資料提供などを妨げたというものだ。

トランプ氏は違法なことは全くしていないと主張。上院共和党にトランプ氏の罷免への支持を表明している議員はおらず、トランプ氏は無罪となる公算が大きい。

マコネル院内総務は、弾劾裁判が始まってから証人招致について検討すべきだとの考えで、十分な数の共和党上院議員がこの方針を支持しているという。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 8

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!