ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、モラー特別検察官の解任検討 法律顧問は反対

2018年04月11日(水)13時20分

 4月10日、米当局筋が明らかにしたところによると、米連邦捜査局(FBI)がトランプ大統領の顧問弁護士の関係先を捜索したことを受け、大統領はロシアによる2016年米大統領選への介入疑惑を捜査するモラー特別検察官(写真)の解任を検討している。写真はワシントンで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Aaron P. Bernstein)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)がトランプ大統領の顧問弁護士の関係先を捜索したことを受け、大統領はロシアによる2016年米大統領選への介入疑惑を捜査するモラー特別検察官の解任を検討している。米当局筋が10日、明らかにした。

ホワイトハウスの法律顧問は解任に反対し、説得を試みているという。

当局筋2人によると、ホワイトハウス法律顧問のタイ・コブ氏とドナルド・マクガーン氏は、モラー特別検察官を解任すれば司法妨害で起訴される可能性が高まるほか、ローゼンスタイン司法副長官にモラー氏解任を命じるためには「正当な理由」が必要だということを大統領に繰り返し説明しているものの、効果はほとんど見られないという。

側近によると、FBIが9日にトランプ大統領の顧問弁護士であるマイケル・コーエン氏の自宅や事務所などを捜索したことを受けて大統領は憤慨しているが、どのような措置を取るかは不透明だ。

コブ、マクガーン両氏やホワイトハウスのコメントは得られていない。

事情に詳しい関係筋によると、FBIは9日の家宅捜索で、トランプ氏と不倫関係にあったと主張する元ポルノ女優と元モデルの女性への支払いに関する記録を捜索した。

これに加え、コーエン氏がトランプ大統領のために行った仕事や、ロシアの買い手が絡んだ不動産取引などの活動において、税金詐欺や租税回避、資金洗浄など犯罪のパターンが見られるかどうかも調べたという。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!