ニュース速報

ワールド

米国のユン北朝鮮担当特別代表が退任へ、「個人の決断」

2018年02月28日(水)09時11分

 2月27米国務省のナウアート報道官は声明を発表し、ジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が個人的な理由で退任すると発表した。写真は昨年12月にタイのバンコクを訪れる同特別代表(2018年 ロイター/Jorge Silva)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米国務省はジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が3月2日付で退任すると発表した。米朝関係を巡っては、北朝鮮が対話に前向きな姿勢を示唆し始めている。

国務省のナウアート報道官は声明でユン氏の退任を発表。ティラーソン国務長官が「ユン氏の決定をしぶしぶ受け入れた」と明らかにした。

韓国生まれのユン氏は2016年、オバマ政権下で北朝鮮担当特別代表に就任。米朝の直接対話を水面下で模索してきた。北朝鮮当局に拘束された米国人学生オットー・ワームビア氏を解放するために昨年6月に訪朝している。

ユン氏は米メディアに対し、退任は個人的な決断だとし、ティラーソン長官から慰留されたと説明。「このタイミングでの退任は完全に自分自身の決定だ」と述べた。CBSのインタビューには「北朝鮮は核・ミサイル実験をやめた」と語った。

ロイターのコメントの求めには応じていない。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米国と北朝鮮に対し、対話実現に向けて譲歩するよう要請。トランプ米大統領は、北朝鮮との交渉は適正な状況下のみで行うと述べている。

過去に米国防副次官補(東アジア担当)を務めたエイブラハム・デンマーク氏はツイッターで、ユン氏の退任が「重要な時期にある米政府にとって非常に大きな損失となる」との考えを示した。

一方、トランプ政権内からは、ユン氏の対話路線は大統領の方針と一致していなかったため、退任を惜しまれることはないとの声も上がる。

ナウアート報道官は会見で「誰かの退任で政策が変わることはない」と発言。ユン氏の仕事は「適任者が引き継げると確信している」と語った。

韓国外務省はユン氏の退任の意向を認識していたとし、「(韓国政府は)北朝鮮担当特別代表としてユン氏が果たした役割を高く評価する」とした。

*内容を追加します。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!