ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=ダウ・S&P500上昇、SVB買収で銀行株高い

2023年03月28日(火)05時37分

米国株式市場では、ダウ工業株30種とS&P総合500種が上昇した。(2023年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米国株式市場では、ダウ工業株30種とS&P総合500種が上昇した。米地銀ファースト・シチズンズ・バンクシェアーズによるシリコンバレー銀行(SVB)の買収が銀行株に対する投資家心理を好転させた。一方、テクノロジー株安が重しとなり、ナスダック総合は下落した。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 32432.08 +194.55 +0.60 32276.7 32564.0 32276.

2 0 72

前営業日終値 32237.53

ナスダック総合 11762.43 -61.53 -0.52 11868.5 11903.2 11739.

4 1 05

前営業日終値 11823.96

S&P総合500種 3976.10 +5.11 +0.13 3982.93 4003.83 3970.4

9

前営業日終値 3970.99

ダウ輸送株20種 13887.33 +180.74 +1.32

ダウ公共株15種 912.31 +1.64 +0.18

フィラデルフィア半導体 3082.87 -38.40 -1.23

VIX指数 20.86 -0.88 -4.05

S&P一般消費財 1104.44 +1.97 +0.18

S&P素材 487.64 +3.59 +0.74

S&P工業 827.24 +6.76 +0.82

S&P主要消費財 765.48 +4.14 +0.54

S&P金融 523.20 +7.23 +1.40

S&P不動産 222.45 -0.81 -0.36

S&Pエネルギー 610.60 +12.57 +2.10

S&Pヘルスケア 1490.71 +6.06 +0.41

S&P通信サービス 186.74 -2.03 -1.08

S&P情報技術 2530.32 -21.72 -0.85

S&P公益事業 334.24 +0.42 +0.13

NYSE出来高 6.10億株

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 27390 + 120 大阪比

シカゴ日経先物6月限 円建て 27325 + 55 大阪比

ロイター
Copyright (C) 2023 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英、中国製の監視装置撤去へ 機密性の高い政府施設か

ワールド

カナダ貿易収支、4月は輸出量が過去最高 黒字大幅拡

ビジネス

米アマゾン、「プライム・ビデオ」で広告付きプラン計

ワールド

米制裁対象の香港長官、11月開催のAPEC参加巡り

MAGAZINE

特集:最新予測 米大統領選

2023年6月13日号(6/ 6発売)

トランプ、デサンティス、ペンス......名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 2

    【動画・閲覧注意】15歳の女性サーファー、サメに襲われ6針縫う大けがを負う...足には生々しい傷跡

  • 3

    ウクライナの二正面作戦でロシアは股裂き状態

  • 4

    性行為の欧州選手権が開催決定...ライブ配信も予定..…

  • 5

    ワグネルは撤収と見せかけてクーデーターの機会を狙…

  • 6

    自社株買いでストップ高!「日本株」の評価が変わり…

  • 7

    プーチンは体の病気ではなく心の病気?──元警護官が…

  • 8

    いま株価が上昇するのは「当たり前」...株高の「現実…

  • 9

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 10

    メーガン妃が「絶対に誰にも見られたくなかった写真…

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 3

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで追い込まれた? 迫る「決断の日」

  • 4

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 5

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向…

  • 6

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 7

    【ヨルダン王室】世界がうっとり、ラジワ皇太子妃の…

  • 8

    ワグネルは撤収と見せかけてクーデーターの機会を狙…

  • 9

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 10

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 3

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半で閉館のスター・ウォーズホテル、一体どれだけ高かったのか?

  • 4

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 5

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 6

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 7

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

  • 8

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 9

    預け荷物からヘビ22匹と1匹の...旅客、到着先の空港…

  • 10

    キャサリン妃が戴冠式で義理の母に捧げた「ささやか…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中