ニュース速報

ビジネス

失業率10月は2.7%に改善、7カ月ぶり低水準 有効求人倍率は1.15倍

2021年11月30日(火)09時45分

総務省が30日発表した10月の完全失業率(季節調整値)は2.7%で、前月(2.8%)から0.1ポイント低下した。写真は1月、都内で撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 30日 ロイター] - 総務省が30日発表した10月の完全失業率(季節調整値)は2.7%と、前月から0.1ポイント改善した。今年3月以来7カ月ぶりの低水準。事業者側の都合による離職が減って失業者が減少した。一方、厚生労働省が発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は1.15倍と、前月に比べて0.01ポイント低下した。

ロイターがまとめた事前予測調査は2.8%。今回の調査期間は、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などが全面的に解除されていた。

総務省によると、男性の失業率は2.8%、女性は2.5%とそれぞれ前月から0.1ポイント低下した。

就業者数(実数)は6659万人と前年同月に比べて35万人減少し、2カ月連続で減った。産業別では「宿泊業、飲食サービス業」が44万人、「卸売業、小売業」が32万人、「生活関連サービス業、娯楽業」が26万人それぞれ減った。昨年10月に政府の「GoToキャンペーン」などで対面型サービスの需要が喚起されていた反動が出た。

一方、「宿泊業、飲食サービス業」の休業者は前月から減少しており、緊急事態宣言等の解除に伴う変化もみられた。

完全失業者数(同)は183万人と同32万人減少し、4カ月連続で減った。求職理由別では「勤め先や事業の都合による離職」が14万人減少。「自発的な離職(自己都合)」は10万人の減少、「新たに求職」が5万人の増加となった。

<求職活動が活発化>

一方、厚労省が発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は1.15倍と、前月に比べて0.01ポイント低下した。

有効求人数(同)が前月に比べて0.5%、有効求職者数(同)が0.6%それぞれ増加した。新型コロナウイルスの新規感染者の減少で感染リスクに対する不安が軽減し、求職活動が活発化する動きがみられた。緊急事態宣言の解除に伴って、より賃金や労働環境などが良い条件で働きたい人の求職活動の再開にもつながったという。

有効求人倍率は仕事を探している求職者1人当たり、企業から何件の求人があるかを示す。求人、求職はともに3カ月間有効で、今回は21年8、9、10月の動きが反映されたものとなる。

10月の新規求人数(原数値)は前年同月比8.7%増となった。これを産業別でみると、製造業が同35.9%増、教育、学習支援業が同12.8%増、情報通信業が同11.1%増となった。

(杉山健太郎)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中豪貿易摩擦、解決策を協議する段階にない=中国大使

ビジネス

中国7月PPI、17カ月ぶり低い伸び CPI上昇率

ビジネス

中国ラッキンコーヒー、国内店舗数拡大を計画 米再上

ワールド

経産相に西村康稔氏、防衛相に浜田靖一氏=第2次岸田

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 4

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 7

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 8

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 9

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 10

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中