ニュース速報

ビジネス

米国株は日中高値から後退、刺激策巡り懸念 ナスダックとS&P最高値

2021年01月26日(火)07時37分

 1月25日、 米国株式市場は、主要株価指数が日中高値から押し戻されて取引を終えた。写真は2020年12月、ニューヨーク証券取引所(2021年 ロイター/Jeenah Moon)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米国株式市場は、主要株価指数が日中高値から押し戻されて取引を終えた。財政刺激策の規模やタイミングを巡る懸念が高まり、主要企業の決算発表を控えた楽観ムードを圧迫した。ただ、ナスダック総合とS&P総合500種はそれでも終値で最高値を更新した。

バイデン大統領が25日、政府調達で米国製品を優先する「バイ・アメリカン条項」の抜け穴をふさぐ大統領令に署名すると政権高官が明らかにしたことを受け、終盤に買いが入り、両指数を押し上げた。

バイデン米政権は新型コロナウイルス経済対策について、1兆9000億ドルという全体の規模が大き過ぎるとの共和党議員からの懸念の払拭に努めている。

テミス・トレーディングの共同マネジャー、ジョー・サルッジ氏は「市場を支えているのは刺激策だ。それが急になくなれば問題だが、そのようなことはしないだろう」と述べた。

ナスダック総合は一時1.4%急伸し、取引時間中の最高値を更新した。先週発表されたネットフリックスの好決算を受けて、マイクロソフト、フェイスブック、アップルなどが上昇した。

ウェドブッシュは、マイクロソフトの目標株価を引き上げた。同社のクラウド事業が2021年にさらに拡大するとみている。マイクロソフトは26日に決算を発表する。

S&Pの主要セクターでは、情報技術や通信サービスなど大型成長株が含まれるサブ指数が最高値で引けた。

この日は金融、エネルギー、素材といった経済再開への期待から大きく上昇してきたセクターが下げを主導。一方、公益事業、主要消費財、不動産といったディフェンシブセクターがアウトパフォームした。

製薬大手メルクは25日、新型コロナウイルスワクチン2種類の開発を打ち切ると発表した。株価は一時急落したものの、0.21%高で終了した。

ビデオゲーム販売のゲームストップは、値動きの荒い展開の中、18.12%高で引けた。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.33対1の比率で上回った。ナスダックでは1.12対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は163億7000万株。直近20営業日の平均は132億1000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 30960.00 -36.98 -0.12 30989.85 30989.85 30564.06

前営業日終値 30996.98

ナスダック総合 13635.99 +92.93 +0.69 13681.21 13728.98 13368.68

前営業日終値 13543.06

S&P総合500種 3855.36 +13.89 +0.36 3851.68 3859.23 3797.16

前営業日終値 3841.47

ダウ輸送株20種 12849.82 -6.72 -0.05

ダウ公共株15種 872.17 +14.23 +1.66

フィラデルフィア半導体 3079.21 +4.81 +0.16

VIX指数 23.19 +1.28 +5.84

S&P一般消費財 1372.35 +4.22 +0.31

S&P素材 465.88 -2.55 -0.54

S&P工業 743.26 -5.15 -0.69

S&P主要消費財 675.78 +6.07 +0.91

S&P金融 500.26 -3.85 -0.76

S&P不動産 231.22 +1.89 +0.82

S&Pエネルギー 314.17 -3.37 -1.06

S&Pヘルスケア 1379.86 +8.96 +0.65

S&P通信サービス 226.98 +0.84 +0.37

S&P情報技術 2359.62 +20.50 +0.88

S&P公益事業 325.91 +6.23 +1.95

NYSE出来高 12.51億株

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 28840 + 60 大阪比

シカゴ日経先物3月限 円建て 28825 + 45 大阪比

(S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください; リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

EU、アストラ製コロナワクチン不足で米国製の供給要

ワールド

米、対中協力への「根拠のない」阻害要因除去を=中国

ワールド

スイス、国民投票で「ブルカ」を実質的に禁じる法案可

ビジネス

中国の2月輸出は前年比で過去最高の伸び、輸入も2年

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!