ニュース速報

ビジネス

ANA、過去最大の最終赤字へ 航空事業の規模縮小

2020年10月27日(火)21時00分

 10月27日、ANAホールディングス(HD)は2020年9月中間決算と事業構造改革を発表する。写真は2014年2月、東京の羽田空港で撮影(2020年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 27日 ロイター] - ANAホールディングス<9202.T>は27日、2021年3月期の連結業績が5100億円の最終赤字(前年同期は276億円の黒字)になる見通しと発表した。新型コロナウイルスによる旅客需要の激減で大幅に収入が減り、航空機などを減損、過去最大の赤字となる。航空事業の規模を縮小し、機材・人員削減などで来年度はコストを2500億円削減する。劣後ローンで4000億円を調達し、財務基盤も改善させる。

片野坂真哉社長は会見で、「あらゆる手を打ち、来年度(22年3月期)は必ず黒字化を実現したい」と強調。航空事業の規模を「一時的に小さくしてコロナ禍のトンネルを抜ける」と語った。一方、中長距離の国際線を中心とする格安航空会社(LCC)や新事業も立ち上げ、「新たなビジネスモデルで強靭(きょうじん)なANAグループに変えていく」と話した。

21年3月期の売上高は前年同期比62.5%減の7400億円、営業損益は5050億円の赤字(前年同期は608億円の黒字)を見込む。

国際線を中心に需要の回復が当面見込めないことから、ANAはすでに決定していたコスト削減額を積み増す。今年度は当初計画から約1500億円、来年度は約2500億円を追加削減する。

傘下の全日本空輸は今年度の退役機を当初予定の7機から35機に増やす。新たに受け取る航空機は当初計画の16機から13機に減らす。傘下のLCCピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は、予定していた2機の導入を見送る。航空機の退役に伴う減損損失などで約730億円、施設・設備などの減損も含め、今年度は特損1100億円を計上する。

ビジネス客に強い全日空は需要のある路線に集約。運航コストが安く観光客が中心のピーチを拡充して補い合う。全日空のマイルをピーチで使えるようにし、ピーチの利用を促す。

航空事業の規模は縮小するものの、片野坂社長は「社員の雇用は守る」と説明した。整備など外注業務を内製化するほか、グループ外企業へ従業員を出向させる形で一時的に人員を減らす。出向は12月までに約100人、来春には400人以上を計画する。コールセンターや企業の受付、事務などを想定する。一方、役員の報酬・賃金・一時金削減など、人件費の抑制策を労働組合に提案した。

一方、収益確保策として、グループのエアー・ジャパン(千葉県成田市)を母体とし、東南アジアやオーストラリア路線を中心に観光需要を狙ったLCCを立ち上げる。需要回復をにらみながら22年度をめどに運航を始める。マイレージ会員の情報を活用し、旅行販売などを強化する新事業にも乗り出す。

JPモルガン証券のシニアアナリスト、姫野良太氏は「コスト削減の積み上げなど評価するところはあるが、評価材料が乏しいところもある。アフターコロナとしての新規ビジネスも、どこまで収益に寄与するか、実効性はあるか疑問だ」と語る。

2四半期連続の最終赤字で悪化した財務は、金融機関からの借り入れで改善を図る。金利は高いが返済順位が低く、一部を資本に組み入れられる劣後ローンで4000億円を調達する。50%が格付機関から資本として認められる見通し。3月末に41.4%だったANAの自己資本比率は9月末に32.3%まで低下していた。

日本政策投資銀行と政府が折半出資で新設した「新型コロナリバイバル成長基盤強化ファンド」が一部を出す。同ファンドが資金を拠出するのは初。関係者によると、数百億規模になる。

片野坂社長は「財務健全性は問題ない」と強調。一部で報じられた公募増資については「現在、そういったものを決めている事実はない」と述べた。今期5000億円減収となっても、手元現金は「来年度持ち過ぎかなくらいの状態でみている。心配していない」とも語った。

片野坂社長は、各国の出入国制限が続く国際線は厳しいものの、国内線は政府の観光振興策も寄与し、旅客数が回復しつつあるとし、「この状況が続けば、年末年始はコロナ前の水準に戻る」との見通しを示した。

証券ジャパンの大谷正之・調査情報部長は、「国際線が本格的に回復するまでは時間がかかる。プレミアム路線との差別化を図り、その他の事業を拡大していくのは妥当だ」と指摘。「この先1、2年はコスト削減を図り、回復まで耐えることを余儀なくされそうだ」と話す。

*内容を追加しました。

(白木真紀 取材協力:清水律子、山口貴也、佐古田麻優 編集:久保信博)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、29日に非公式会合=関係筋

ワールド

米ウィスコンシン州の一部再集計、バイデン氏のリード

ワールド

米ロサンゼルス郡、新たなコロナ規制発表 社会的集会

ワールド

米政権、大統領選前の郵政公社の業務変更差し止め巡り

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文在寅の怖い話

  • 3

    中国メディア「コロナ起源は輸入冷凍食品」 西側は反論

  • 4

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    アメリカ大統領選に見る「選挙」の賞味期限

  • 7

    インドネシア、人里離れた集落のキリスト教徒4人惨殺…

  • 8

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 10

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!