ニュース速報

ビジネス

東京都区部CPI7月は前年比+0.4%、前月から上昇率拡大

2020年08月04日(火)09時58分

8月4日、総務省が発表した7月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.8となり、前年同月比0.4%上昇した。都内で3日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 4日 ロイター] - 総務省が4日発表した7月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.8となり、前年同月比0.4%上昇した。ロイターがまとめた民間予測はプラス0.2%で予測を上回った。上昇は3カ月連続で、上昇率は前月(0.2%)から拡大した。

学習塾代を含む補習教育や外国パック旅行費などがコアCPIの押し上げにつながった。

補習教育は前年同月比3.5%上昇で、前月の同4.7%下落からプラスに転じた。6月は対面授業の再開により、販促キャンペーンの一環として値下げが行われたが、今月はその反動で上昇幅が拡大した。

外国パック旅行費は同1.3%上昇。昨年は4―5月の大型連休の影響で夏休みの旅行需要が分散した結果、例年より低い水準だったが、今年は4連休の影響もあり、例年並みに戻ったという。

外国パック旅行費は新型コロナウイルスの感染拡大により下落が続いていたが、6カ月ぶりにプラスに転じた。

宿泊料は同4.5%下落。前月から下落幅は縮小した。昨年の6月は中国の祝日が重なり価格が上昇していたが、今年はその反動減が出た。

エネルギーは、電気代の下落幅が拡大した一方、都市ガス代(同2.4%下落)、ガソリン(同8.3%下落)は下落幅が縮小した。

家庭用耐久財は同0.1%下落で、前月から下落幅は縮小した。新型コロナの影響で外食需要が減る中、自宅での調理ニーズが伸びたことで電気炊飯器を新製品に切り替える動きがみられた。

東京都区部の総合指数は前年比0.6%上昇した。天候不順の影響や学校給食の再開による需要の回復で生鮮野菜が同8.4%上昇した。

生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は前年比0.6%上昇した。

(浜田寛子 編集:内田慎一)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

独経済、今年は5.2%縮小へ 従来予想を上方修正=

ワールド

スウェーデン中銀、政策金利0%に据え置き 景気リス

ワールド

インドネシア、2020年の成長率予想引き下げ 最大

ワールド

中国がチベットで労働移動政策強化、職業訓練へて建設

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

※次号は9/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 7

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 8

    EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

  • 9

    トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

  • 10

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 6

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 7

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 8

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!