ニュース速報

ビジネス

IMM通貨先物、ドル売り越しが9年ぶり高水準

2020年08月02日(日)10時05分

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(7月28日までの週)に基づくロイターの算出によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する売り越し額は4週連続で増加し2011年8月以来、9年ぶりの高水準となった。

ドルの主要6通貨に対する売り越し額は242億7000万ドル。前週は188億1000万ドルだった。

対象通貨にニュージーランドドル、メキシコペソ、ブラジルレアル、ロシアルーブルを含めたドルの売り越し額は245億3000万ドル。前週の193億7000万ドルから増加し2018年4月以来の高水準となった。

ユーロは過去最高の買い越し。15万7559枚の買い越しだった。

ドルは実質ゼロ金利や米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和を背景にここ数カ月軟調でドル指数は3月に付けた年初来高値から約10%下げている。

ゴールドマン・サックスは31日付のリサーチノートで「実質金利の低下とリスク資産の上昇がここ数カ月、市場に強い影響を与えており、それがドル売りにつながったとみられる」と述べた。

一方、ユーロは、欧州連合(EU)が先月新型コロナ復興基金設立で合意したことを受け、上昇基調。欧州諸国がロックダウンを実施した3月に付けた安値から対ドルで12%上昇している。

CFTCが発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組は以下の通り。

円 7月28日終了週 前週 コード

ロング 62,924 50,854

ショート 34,417 31,547

ネット 28,507 19,307

ユーロ 7月28日終了週 前週 コード

ロング 242,127 204,185

ショート 84,568 79,138

ネット 157,559 125,047

ポンド 7月28日終了週 前週 コード

ロング 39,329 46,230

ショート 64,738 61,310

ネット -25,409 -15,080

スイスフラン 7月28日終了週 前週 コード

ロング 17,654 17,761

ショート 9,212 10,382

ネット 8,442 7,379

カナダドル 7月28日終了週 前週 コード

ロング 32,105 34,284

ショート 44,601 50,982

ネット -12,496 -16,698

豪ドル 7月28日終了週 前週 コード

ロング 42,402 41,778

ショート 47,414 41,983

ネット -5,012 -205

メキシコペソ 7月28日終了週 前週 コード

ロング 51,851 49,461

ショート 40,987 39,613

ネット 10,864 9,848

ニュージーランドドル 7月28日終了週 前週 コード

ロング 17,383 19,597

ショート 18,228 17,122

ネット -845 2,475

*詳細は以下をご覧ください。

http://www.cftc.gov/dea/futures/deacmesf.htm

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、中国の習主席との関係に変化 コロナ禍で

ワールド

定期歯科検診は先送りを、エアロゾル感染巡り研究必要

ビジネス

米卸売物価、7月は前月比0.6%上昇 抑制基調続く

ビジネス

中国、新工業情報化相に肖亜慶氏、中国アルミ社長など

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!