ニュース速報

ビジネス

アリババ傘下の金融アントが香港上場を計画、時価総額2000億ドル超

2020年07月08日(水)20時05分

 7月8日、中国電子商取引大手アリババ・グループ傘下の金融会社アント・グループが年内にも香港市場で新規株式公開(IPO)を行う計画であることが関係筋の話で明らかになった。時価総額2000億ドル以上を目指しているという。写真は浙江省杭州市のアント本社。2018年1月撮影(2020年 ロイター/Shu Zhang)

[香港 8日 ロイター] - 中国電子商取引大手アリババ・グループ傘下の金融会社アント・グループが年内にも香港市場で新規株式公開(IPO)を行う計画であることが関係筋の話で明らかになった。時価総額2000億ドル以上を目指しているという。

関係筋によると、アントは香港と中国本土での同時上場を探ってきたが、香港市場のほうが手続きが円滑に進むとの見方から、香港への上場を優先する計画に傾いている。

IPOでは5%から10%の株式売却を検討しているという。実現すれば今年の世界最大のIPOとなる。

同筋はアントが過去数か月間、アドバイザーとIPOについて協議してきたと述べた。ただ計画の詳細は決まっておらず、変更になる可能性もあるとしている。

アントはIPO計画に関する情報は正確ではないと述べた。アリババのコメントは得られていない。

アントはアリババ・グループ・ホールディングス<9988.HK>が株式の33%を保有し、アリババの創業者馬雲(ジャック・マー)氏が経営権を握っている。本社は中国東部の杭州。

アントは2018年の資金調達時は企業評価額が約1500億ドルだったが、少数が2019年終盤に企業評価額2000億ドルの水準で取引された。[nL4N29P0IN]

同社は中国のモバイル金融のトップ企業で、アプリを通じた融資や決済、保険、資産運用などのサービスを手掛ける。最近では金融リスクに関する規制が強まる中、フィンテックに力を入れている。

ロイターが把握した決算書類によれば、昨年の収入はおよそ1200億元(171億ドル)、純利益は約170億元だった。

アントの香港市場上場が実現すれば、国家安全維持法の施行で揺らぐ香港の国際金融センターとしての地位を高めることになる。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

ワールド

焦点:富裕国の仁義なき「ワクチン争奪戦」、対コロナ

ワールド

ロシア・中国・イランが米大統領選に介入、情報当局が

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に団結する中東諸国

  • 4

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 5

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 6

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 7

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 8

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 9

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 10

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 6

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 7

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!