ニュース速報

ビジネス

中国製造業PMI、12月は2カ月連続の50超え 貿易摩擦緩和で

2019年12月31日(火)15時00分

 12月31日、中国国家統計局が発表した12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.2と、11月から横ばいで、景況拡大と悪化の分かれ目となる50を2カ月連続で上回った。中国浙江省の港で5月撮影。提供写真(2019年 ロイター)

[北京 31日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.2と、11月から横ばいで、景況拡大と悪化の分かれ目となる50を2カ月連続で上回った。アナリスト予想の50.1もやや上回った。

季節的な需要や米中通商協議の進展の兆しを背景に生産や受注が好調で、生産は約1年ぶりのペースで拡大した。新規受注の伸びも、11月に記録した最近の高水準をわずかに下回る水準を維持した。

こうした状況は中国経済が当初の予想よりしっかりとした足取りで2019年を終えることを示唆しているが、来年もモメンタムが続くかどうかを巡っては懸念が根強い。

野村のアナリストは統計発表後のリポートで「製造業PMIの強さが続いたことは市場にとって明るい材料だが、持続しない可能性があり、経済はおそらくまだ底入れしていないだろう」との見方を示した。

それでも野村は、最近の景気の安定を踏まえて第4・四半期の国内総生産(GDP)伸び率予測を5.8%から6.0%に上方修正した。

統計局の上級統計学者Zhao Qinghe氏は12月のPMIの強さについて、1月下旬の春節(旧正月)休暇を控えた需要や生産の拡大によるものだと分析した。

12月は繊維や医薬品、自動車、通信機器などの業界で生産が比較的高水準となった。企業が春節休暇前の生産ニーズに対応するため在庫を持つことに比較的前向きになっている状況も示された。

12月はこのほか、米中通商協議の進展も見られ、中国の製造業者は海外から新規受注を獲得した。

12月の新規輸出受注指数は2018年5月以来初めて50を上回った。

南西証券のアナリストは、「世界経済の底入れや米中貿易摩擦の緩和が世界的な需要改善につながった。12月の中国の輸出は回復したとみられている」と指摘。「需要の改善が向こう1、2四半期の経済成長を支えるだろう」との見方を示した。

ただ、依然として弱さを示す兆候もみられる。輸入指数は49.9と、前月から上昇したものの、引き続き50を下回った。雇用削減も続いた。

12月の非製造業PMIは53.5に低下。11月は54.4で、8カ月ぶり高水準を記録していた。

冬場の需要落ち込みにより、建設活動を示す指数が前月の59.6から56.7に低下した。ただ統計局は、景気支援のためのインフラプロジェクトに伴い土木事業の新規契約は拡大したと指摘した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 8

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!