ニュース速報

ビジネス

日産が下方修正、今年度最終益は前年比7割減 世界で販売低迷

2019年11月12日(火)20時00分

 11月12日、日産自動車は2020年3月期通期の連結業績予想と世界販売計画を下方修正した。写真は東京モーターショーに出展した日産の電気自動車リーフ。10月24日、東京で撮影(2019年 ロイター/Edgar Su)

[横浜市 12日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は12日、2020年3月期通期の連結業績予想と世界販売計画を下方修正した。19年4―9月期(上期)は主要市場すべての販売が前年同期から減少した。通期の純利益予想は前年比65.5%減の1100億円と従来の1700億円から減額、10年3月期(約424億円)以来、10年ぶりの低水準になる見通し。

業績悪化を受け、中間配当は前年同期から18.5円減配となる10円とした。当初の年間配当は1株当たり40円(前期は57円)を想定していたが、期末配当は未定のままとした。

通期の営業利益は52.9%減の1500億円で、従来の約2300億円から800億円下方修正した。修正後の営業利益予想は、リフィニティブが集計したアナリスト22人の予測平均値1546億円をやや下回っている。為替影響で800億円、販売不振などで700億円、営業利益を押し下げる。

通期の前提為替レートは1ドル=107円(従来は110円)、1ユーロ=120円(同129円)にそれぞれ円高方向に見直した。

通期の売上高予想も従来の11兆3000億円から8.4%減の10兆6000億円と下方修正した。

通期の世界販売計画は524万台と従来から30万台引き下げた。北米を171万台と7万5000台下げ、中国は156万台と15万台減らした。日本は58万台、欧州は57万台といずれも従来から3万台それぞれ引き下げた。

<リストラ策見直し、12月発足の新経営陣が判断>

決算会見は当初、軽部博最高財務責任者(CFO)が出席する予定だったが、12月1日付で新CFOに就くスティーブン・マー常務執行役員が登壇し、英語で説明した。

マー氏は、通期予想を下方修正した理由について「事業改革と収益力のリカバリーを進めているが、上期の進捗が十分でない」と話し、為替の円高傾向や全体需要の減少を考慮したと語った。今後の配当政策については「新経営陣の判断が必要になるので後日説明する」と述べた。

上期販売実績は6.8%減だった。主要地域すべて低迷したが、利益面では「販売の質の向上に向けた取り組みが効果を出し始めた」と振り返り、課題の米国も「一貫して販売の質が改善している。月次ではなく、四半期で調整するイメージ」と指摘。「セントラ」など今後の新車投入で販売奨励金(インセンティブ)は「減少トレンドが続く」との見方を示した。

構造改革の進捗や追加のリストラ策に関しては「今日は決算発表。構造改革は新経営陣にアップデートしてもらいたい」と述べ、詳しい言及を控えた。ただ、米国事業の改善などは順調に進んでいるが、現在の世界経済状況を考慮すると、「いろいろ見直す必要がある」と語った。

4―9月期の連結決算は、純利益が前年同期比73.5%減の654億円、営業利益は同85%減の316億円で、売上高は同9.6%減の5兆0030億円だった。

*情報を追加しました。

(白木真紀 編集:内田慎一 )

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ブラジルのボルソナロ大統領、新型コロナに感染

ワールド

米、コロナワクチン開発でノババックスに16億ドル提

ワールド

TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官

ワールド

英GSK、コロナワクチン開発でメディカゴと提携 田

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 8

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    プーチン終身大統領に道を開いたロシア「全国投票」…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!