ニュース速報

ビジネス

米CB消費者信頼感指数、9月は18年ぶり高水準 貿易摩擦の影響軽微

2018年09月26日(水)04時40分

[ワシントン 25日 ロイター] - コンファレンス・ボード(CB)が公表した9月の米消費者信頼感指数は138.4と、前月の134.7(上方修正後)から予想外に上昇し、2000年9月以来18年ぶりの高水準を記録した。

米中貿易摩擦が激化する中でも米経済は底堅さを保っていることが浮き彫りとなった。

ロイターがまとめたアナリスト予想は、132.0への低下を見込んでいた。リン・フランコ調査部長は「消費者の現況評価が引き続き極めて前向きで、堅調な景気や雇用の伸びが支援材料」と分析した。指数は今年に入り過去最高となる144.7を記録している。

MFUG(ニューヨーク)の首席エコノミスト、クリス・ラプキー氏は「個人消費は常に経済の起爆剤となる成長エンジンの運転役を担っているが、関税問題の影響が表面化した場合、何が起きるかを予想することは非常に難しい」と述べた。

家計の多くが家電や自動車、住宅の購入を計画しており、向こう半年の事業環境に前向きな中、足元、貿易摩擦が消費者に及ぼす悪影響は軽微とみられる。また、関税に伴い中国からの輸入品がさらに値上がりしても、労働市場のひっ迫に伴う賃金上昇や高い貯蓄率が家計の下支えになると指摘する専門家もいる。

ベレンバーグ・キャピタルマーケッツ(ニューヨーク)のエコノミスト、ロヤナ・リード氏は「消費者が値上がり商品の代替品を購入したり、企業がコスト上昇を吸収したりすることは可能だ」と話した。

内訳では、現況指数が173.1と、前月の172.8(修正後)から上昇。期待指数は115.3で、前月の109.3(同)から上がった。

就職が困難とみる向きと職が十分とみる向きの差は32.5と、2001年1月以降で最大となった。

1年先のインフレ期待は4.7%で、前月水準(同)から変わらずだった。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

東証、全銘柄の売買を停止 札幌・名古屋・福岡の取引

ビジネス

大手金融機関、接戦の大統領選に備え 市場混乱を警戒

ワールド

民主党の2.2兆ドルのコロナ経済対策法案は受け入れ

ワールド

FDA、アストラゼネカのコロナワクチン安全性調査を

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!