ニュース速報

ビジネス

金融緩和、デフレ脱却へマネー供給が狙い=若田部日銀副総裁

2018年04月16日(月)18時08分

 4月16日、日銀の若田部昌澄副総裁は午後の参議院決算委員会で、日銀の金融政策運営はイールドカーブをフラット化させることが狙いではないとし、デフレ脱却に向けてマネーを供給すべきとの観点から行っていると語った。写真は3月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 日銀の若田部昌澄副総裁は16日午後の参議院決算委員会で、日銀の金融政策運営はイールドカーブをフラット化させることが狙いではないとし、デフレ脱却に向けてマネーを供給すべきとの観点から行っていると語った。藤巻健史委員(維新)への答弁。

若田部副総裁は、国債市場における現在のイールドカーブが「フラット化しているのは事実」としながら、「日銀の金融政策はフラット化させるために行っているわけではない」とし、「デフレを脱却するためには経済にマネーを供給すべきとの観点から行っている」と語った。

そのうえで、現行のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策は「イールドカーブを立てた方がいいとの問題意識から始まっているのは事実」と述べ、足元のフラット化は「中長期にわたるインフレ予想がまだ根付いていない」ことが背景と指摘。日銀として「現在の政策を粘り強く続けることでインフレ予想を上げ、フラット化したイールドカーブが立っていくことを目標としている」と語った。

もっとも、そうした中で日銀が先に金利目標を上げてしまうと、「不況に逆戻りし、イールドカーブはフラットになってしまう。そのあたりを見極めて政策を行っている」と説明した。

また、将来的に金融緩和策を縮小する出口戦略について、各種の資金吸収オペレーションや当座預金の付利の引き上げ、所要準備率の引き上げなどの手段を持っており、「仮にインフレ率が急速に高まることがあっても、十分に対応が可能だ」との認識を示した。

(伊藤純夫)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れ…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!