ニュース速報

ビジネス

米上院指導部、歳出上限3000億ドル引き上げで合意 財政赤字拡大へ

2018年02月08日(木)10時52分

 2月7日、米議会上院の共和・民主両党指導部は7日、今後2年間の予算方針を巡り超党派で合意した。連邦歳出上限を3000億ドル近く引き上げる。共和党のマコネル上院院内総務(写真)は「法案は、議会指導部およびホワイトハウスによる大掛かりな交渉の末、誕生した」と語った。6日撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米議会上院の与野党指導部は7日、2018会計年度(18年9月まで)と19会計年度の予算方針を巡り、歳出上限を3000億ドル近く引き上げることで合意した。予算案に絡み与野党が瀬戸際の攻防を繰り広げるのを阻止する狙いがあるが、財政赤字の拡大は避けられない。

上院の共和、民主両党の指導部が合意を発表し、ライアン下院議長が支持を表明した。ただ、民主党のペロシ下院院内総務は、幼少期に親と不法入国した若者「ドリーマー」の救済策法案の採決をライアン議長が認めない限り、合意に反対すると述べた。

合意によると、11年の予算管理法で設定された国防費などの上限が引き上げられるほか、政府債務上限を2019年3月まで引き上げることも盛り込まれた。財務省はこれまで、上限が引き上げられなければ、財政資金が3月上旬に底をつくと警告してきた。

12月に成立した税制改革の大型減税と歳出増で財政赤字がさらに膨らむことになる。赤字は17会計年度に6660億ドルに達し、超党派の非営利組織「責任ある連邦予算委員会」は19会計年度に1兆ドルを突破すると試算している。

関連法案はトランプ大統領の署名に先立ち、上下両院を通過する必要がある。上院では与野党の支持を得ているもようだが、下院では財政規律派から反対の声が上がる可能性がある。

米軍増強を公約に掲げてきたトランプ大統領はツイッターで予算合意に支持を表明。「共和と民主は米軍を支援し、この法案を支持するべきだ」と投稿した。

共和党のマコネル上院院内総務は「法案は、議会指導部およびホワイトハウスによる大掛かりな交渉の末、誕生した」と語った。

民主党のシューマー上院院内総務は今回の合意について、「長い間議会を混乱させ、中間所得層を阻害してきた歳出危機の繰り返しを断ち切ることになる」と評価した。

合意には、災害支援、インフラ整備、鎮痛剤(オピオイド)乱用問題への対応向け資金提供のほか、3月23日までのつなぎ予算案も含まれる。

歳出増について、議会幹部筋は歳出削減や新たな税収で相殺されることはないと指摘した。連邦赤字の拡大を意味する。

「責任ある連邦予算委員会」のマヤ・マクギネス委員長は、「過去最高水準にある債務や1兆ドル突破が近い財政赤字にもかかわらず、議会は財政健全性への影響を気にすることをやめてしまった」と批判した。

債券市場では、予算方針を巡る与野党合意を受けて10年債利回りが上昇。経済成長が加速し、国債発行が増加する可能性があるとの見方を反映した。

議会関係筋によると、合意で非国防支出を1310億ドル増やすほか、インフラ支出の200億ドルを盛った。児童医療保険プログラム(CHIP)への支出延長期間を、現行の6年間から10年間にする。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米上院、12月11日までのつなぎ予算案可決 トラン

ワールド

ブラジル大統領、バイデン氏の熱帯雨林保護巡る発言に

ビジネス

石油精製マラソン、米国事業で12%の人員削減へ

ビジネス

アングル:NYで直接上場2件同日実施へ、IPO外し

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 3

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所」、えん罪で死者も

  • 4

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 7

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 8

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!