ニュース速報

焦点:外為市場、異例のボラ低下は「嵐の前の静けさ」か

2019年07月07日(日)10時57分

[ロンドン 27日 ロイター] - 外為市場はボラティリティが極めて小さい状態が続いている。金融機関のトレーディングルームは閑古鳥が鳴き、ノムラの欧州外為セールス部門の責任者が代わりに債券をセールスするほどだ。しかしベテラントレーダーの間では世界金融危機前の状況を彷彿させるとの声も聞かれ、今は「嵐の前の静けさ」かもしれない。

ドイツ銀行の通貨ボラティリティ指数<.DBXVIX>は2017年以降低下傾向が続いて4年半ぶりの低水準となった。同指数は今年初めの3分の2程度に落ち込み、3年前に付けたピークの半分に満たない。

ボラティリティの低下は相場変動の少なさを映している。各国中銀は10年来の景気刺激策をさらに続ける見通しで、長期金利が再びゼロに向かって主要通貨間の金利差がまた縮小する可能性もあり、外為離れは長引きそうだ。

外為市場の反応の鈍さを明白に示したのが、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が追加利下げの可能性を示唆して市場に衝撃を与えた18日の金融市場の動き。総裁発言でドイツの10年物国債利回りは過去最低を更新、フランスの10年物国債は初めてマイナス圏に沈み、欧州株は2%上昇したが、ユーロ/ドルは0.4%の下落にとどまった。

貿易戦争や景気後退の懸念から米連邦準備理事会(FRB)が緩和姿勢に転じたにもかかわらずユーロ/ドルは10月以降、1ユーロ=1.10─1.16ドルの範囲に収まり、値幅は4%強にすぎない。一方、米国債はボラティリティが2017年4月以来の水準に上昇した。

ドイツ銀行の外為共同ヘッド、ラッセル・ラスカラ氏は「FRBは完全に復活し、金利は大きく動いているが、その流れが外為市場には及んでいない。眠り込んだままだ」と述べた。

問題は、2008年3月のように、この異例の静けさに混乱が終止符を打つかどうかだ。このときは前年のほとんどを7以下で推移していたドイツ銀の通貨ボラティリティ指数が12以上に急上昇した。

ユーロ/ドルの1年物インプライドボラティリティは1月の8近くから6に低下し、今のところそうした兆候はない。

しかしボラティリティの再上昇を引き起こす政治的、経済的な不透明さには事欠かず、市場の行動様式の変化がいずれ迎える終焉の種をまいているかもしれない。

例えば、トレーダーの多くはボラティリティが低い状態が続くと利益が手に入る投資戦略を取っており、予想外のボラティリティ上昇で損失を被る恐れがある。

ドイツ銀のラスカラ氏は「非常に危険度の高い戦略だ。もっとも、これまで4年間は有効だったのだが」と話した。

ボラティリティ低下で債券や株式の運用担当者は、損失発生に備えるヘッジも減らしている。ラスカラ氏によると、円は長らく安全な通貨と目されてきたが、昨年12月の株価急落の際には上昇幅が小さく、トレーダーの多くは以来、ヘッジ目的の円買いを中止したという。

(Tommy Wilkes記者、Tom Finn記者)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米経済、年末までに「完全回復」に迫る可能性=連銀総

ワールド

トランプ氏の元上級顧問、バイデン氏支持 前統合参謀

ビジネス

債務不履行や立ち退き連鎖も FRB議長、追加支援の

ワールド

米共和トップ、円滑な政権移行を支持 「選挙の勝者が

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 9

    『わかりやすさの罪』から抜け落ちている「わかりや…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!