ニュース速報

英首相、EUに短期の離脱延期を要請へ=関係筋

2019年03月20日(水)19時02分

[ロンドン 20日 ロイター] - メイ英首相は20日、欧州連合(EU)のトゥスク大統領に書簡を送り短期のEU離脱延期を要請する。政府筋が明らかにした。

これにより、今後の選択肢には、メイ首相の離脱協定案の下での離脱、より長期の離脱延期、秩序なき離脱、2回目の国民投票が含まれることになり、離脱を巡る不透明な状況が続くとみられる。

首相官邸筋は「(首相は)長期の延期は要請しない」と言明した。

メイ首相のEU離脱協定案はこれまで2度にわたって議会で否決されたが、首相は来週にも3度目の採決を行う意向を示している。

官邸筋は、前に進む方法について合意できるよう議会にもう少し時間を与えるべきとの主張があると説明した。「ただこの国の人々は(国民投票から)3年近く待たされており、決められない議会にうんざりしている。首相も同様の不満を抱えている」と語った。

英国の政治情勢は混乱しており、メイ首相が具体的にどの程度の期間の離脱延期を求めるかは不明。

首相官邸の報道官はコメントを控えている。

メイ首相は自身の離脱協定案が議会で可決されない場合、離脱を6月30日以降に延期することを求める方針を示しており、離脱推進派の間では離脱自体が危機にさらされるのではないかとの懸念が浮上している。

ユンケル欧州委員長は独ラジオ局ドイチェラントフンクに対し「(EU離脱に関する)再交渉も新たな交渉もない。(英国に)これまで与えられた以上の追加的な保証もない」と強調し「われわれは積極的に英国に歩み寄ってきた。これ以上はできない」と述べた。

離脱期限延期を求める書簡はまだEUに届いていないとしている。

今週のEU首脳会議では英国の離脱問題が話し合われるが、ユンケル委員長は大きな進展は見込めないとの見方を示した。今週合意することはなく、来週もう一度協議する必要があるというのが現時点での印象だと述べた。

「合意なき離脱」は望ましくないが、英国は明確な提案が必要と指摘した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ロシア、3000人以上を拘束 ナワリヌイ氏釈放へ全

ビジネス

米上院委、イエレン財務長官の指名承認 25日に本会

ワールド

トランプ氏弾劾裁判、2月8日の週に開始 米上院与野

ワールド

バッハIOC会長、東京五輪実現へ決意表明 「見通し

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    慰安婦訴訟、韓国国内にも判決と文在寅政権を批判す…

  • 7

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 10

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!