ニュース速報

自動車大手幹部、米政権に貿易問題解消を要請 不確実性は重しと指摘

2019年01月15日(火)07時15分

[デトロイト 14日 ロイター] - 自動車メーカー大手幹部は14日、政治的不確実性が業界全体に負担としてのしかかっているとし、貿易問題を解消し政府機関一部閉鎖を終わらせるよう、トランプ米政権と議会に要請した。

デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のマンリー最高経営責任者(CEO)は記者団に対し、米国が導入した鉄鋼関税の影響で、2018年の米自動車販売台数に基づく19年のコストが3億─3億5000万ドル拡大するとの見通しを示した。

米国トヨタ自動車販売のカーター上級副社長は、関税に絡むコストを受け、値上げを余儀なくされたことを明らかにした。さらに、関税の影響によって業界全体の販売価格が平均約600ドル上昇したと指摘した。

ゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーターも、米国が実施した鉄鋼・アルミニウム関税措置によって経済的打撃を被っていることを明らかにした。

GMのロイス社長はロイターに対し、こうした関税の影響は「向かい風」と強調した。

長引く米政府機関の一時閉鎖については、FCAのマンリーCEOが高利益率の大型ピックアップトラックの一部認可手続きが滞るといった影響が出ていることを明らかにした。

フォードのビル・フォード会長は、効率的な事業計画を策定できるよう、トランプ政権が米中貿易摩擦や北米貿易協定など、さまざな通商問題を解消することを望んでいると語った。

「解消されていない多くの懸案が存在する」とし、「われわれれが望んでいるのは確実性だ」と語った

さらに、貿易交渉に当たっているライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が業界の声に耳を傾けていると感じているが、問題解消の時期は不透明との見方を示した。

ハケットCEOもこれに先立ち、北米の新貿易協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」によって誰もが恩恵を受けるとし、議会の承認を待っていると語った。

韓国現代自動車<005380.KS>北米事業のスミス最高執行責任者(COO)は、自動車メーカーは必要に応じサプライチェーンを調整できるようUSMCAを巡り透明性を求めているとし、「時間がかかり過ぎている」と述べた。

また、フォードには電気自動車(EV)および自動運転車といった新技術への投資と世界事業の立て直しが必要としたほか、健全なバランスシート維持と配当を確実にすることが求められているとの考えを示した。

フォルクスワーゲン(VW)はこの日、新型EV生産に向け、米国の工場に8億ドルを投じる計画を発表。ディースCEOは、トランプ政権が新たな関税を導入することを懸念しているとしつつも、新たな投資によって関税を回避できることを望むとし、「投資を拡大するよう米政権に強く促され、それに従う」と語った。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 7

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    ファーウェイたたきはトランプの大博打

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!