コラム

「軍事政権化」したトランプ政権

2017年04月10日(月)16時30分
「軍事政権化」したトランプ政権

バノン大統領顧問がNSCの中核メンバーから外れ、大統領の娘婿クシュナー氏と軍出身者の影響力が増大した。REUTERS/Kevin Lamarque

<シリアを空爆したトランプ政権の背景に何があったのか。バノンが力を失い、クシュナーが軍出身者との連携を強めていると言われる。そして、トランプ外交の今後はどうなるのか>

米中首脳会談の最中にシリアに対してトマホーク60発(国防総省によれば、うち1発は不具合により海に落下)による攻撃を開始したアメリカ。このシリア空爆を巡って様々な議論が展開されているが、ここでは一歩引いた形で、この攻撃がもたらしたトランプ政権の性格の変化に焦点を当てて検討してみたい。

攻撃の背景:ホワイトハウスの力学の変化

すでに多くの報道が指摘しているように、トランプ大統領が今回空爆を判断したのは、米中首脳会議を開始する直前であった。シリアでの化学兵器使用に関する情報が入った際、トランプ大統領は被害に遭った子供たちの写真に強く心を揺さぶられたと言われている。

実際、トランプ大統領はインテリジェンス・ブリーフィングを受ける際、従来のように文書にしてまとめるのではなく、視聴覚資料を作成し、口頭での報告をするよう要請している。それだけに、こうしたビジュアルのインパクトが大きな影響を与えたと言うことは想像に難くない。また、これまではインテリジェンス・ブリーフィングに対しても関心が無く、歴代大統領のように毎日ブリーフィングを受けるのではなく、一週間に一回程度、必要に応じて大統領が求めた時に受けるような体制が出来ていた。

今回のシリアにおける化学兵器使用についてトランプ大統領が積極的に情報を集めているという予兆は特に見られなかったが、米中首脳会談の前であったことでインテリジェンス機関がトランプ大統領に情報を提供しやすい環境があったということも関係しているのかもしれない。

というのも、米中首脳会談の大きな議題の一つが北朝鮮の核・ミサイル開発の問題であり、大量破壊兵器の拡散について、国家情報長官(DNI)がシリアの問題を含めてブリーフィングしたのではないかと思われるからである。つまり、今回、トランプ大統領の目にシリアの子供たちの画像が触れたのは、そうしたタイミングの問題も大きな役割を果たした可能性があると思われる。

それ以上に、この米中首脳会談に先だって、国家安全保障会議(NSC)のスタッフの構成が変わった点も見逃せない。これまで「闇の大統領」と呼ばれ、大統領の政策アジェンダをコントロールし、大統領令を書いてきたスティーブ・バノン大統領顧問がNSCの中核メンバーから外れ(それでもNSCの会合に出席することは可能)、ホワイトハウスでの安全保障政策の中心にはマクマスター安保担当大統領補佐官が座ることとなった。この背景には、これまでバノンと同盟関係にあった、大統領の娘婿で日増しに影響力を増してきたジャレッド・クシュナー大統領顧問との関係が悪化したことがあると言われている

プロフィール

鈴木一人

北海道大学公共政策大学院教授。長野県生まれ。英サセックス大学ヨーロッパ研究所博士課程修了。筑波大大学院准教授などを経て2008年、北海道大学公共政策大学院准教授に。2011年から教授。2012年米プリンストン大学客員研究員、2013年から15年には国連安保理イラン制裁専門家パネルの委員を務めた。『宇宙開発と国際政治』(岩波書店、2011年。サントリー学芸賞)、『EUの規制力』(共編者、日本経済評論社、2012年)『技術・環境・エネルギーの連動リスク』(編者、岩波書店、2015年)など。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 8

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 9

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 10

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 8

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 9

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!