最新記事
ガザ侵攻

イスラエル軍が占領していたガザ病院敷地で「集団墓地」と300人以上の遺体を発見

US Speaks Out About 'Mass Grave' Found in Gaza

2024年4月24日(水)17時33分
ブレンダン・コール

ガザ南部ハンユニスのナセル病院の敷地で発見された集団墓地と遺体の一部(4月22日) Arab World Press via Reuters Connect

<イスラエル軍撤退後のガザ地区の病院の敷地に、300人以上の遺体が埋められていることがわかった。パレスチナ当局は、イスラエル軍による住民の処刑だと主張するが、イスラエル側は人質の確認だったと説明している>

パレスチナ自治区ガザにある病院の敷地内で「集団墓地」が発見され、300体以上の遺体が発見された、とガザ当局が発表した。この件について、アメリカはイスラエルにさらなる調査と回答を求めている。

ガザ地区の民間防衛局は22日、南部のハンユニスにあるナセル病院の複合施設内で、イスラエル軍に殺害され、埋められた人々の遺体を医療従事者が発見した、と発表した。イスラエル軍は今年2月中旬にこの病院に突入して占領。ハマスの戦闘員を拘束し、イスラエル人人質を捜索した後、4月上旬に撤退していた。

【動画】ロケット砲と迎撃ミサイルが飛び交うなかを旅客機が着陸する恐怖動画

民間防衛局長のヤメン・アブ・スレイマン大佐は、23日に35人の遺体が発見され、遺体の数は合計で310人になった、とCNNに語った。

スレイマンは、手足を縛られた状態で発見された遺体もあったと主張。「現場で処刑された形跡があった。生き埋めにされたのか、処刑されたのかはわからない」と付け加えた。

イスラエル国防軍(IDF)の広報担当者は本誌に対し、ガザ民間防衛局の主張は「事実無根、まったく根拠がない」と語った。

国防軍は、ハンユニスに侵攻した際、「人質や行方不明者の捜索活動の一環として、パレスチナ人がナセル病院の敷地内に埋めた遺体を調査した」という。

「調査は死者の尊厳を保ちながら丁重に行われた。遺体は、イスラエル人人質のものではなく、元の場所に戻された」と、広報担当者は23日に本誌に語った。

イスラエル側に調査を要請

イスラエル国防軍は、ナセル病院周辺でハマス関係者のみを標的にした作戦を実施し、「病院にいたテロリスト約200人を逮捕、イスラエル人の人質のために使われるはずだった医薬品を未配達、未使用の状態で発見した。大量の弾薬も押収した」と述べた。

「この捜索活動は、病院や患者、医療スタッフに危害を加えることなく、標的を絞って行った」と国防軍は付け加えた。

米国務省のマシュー・ミラー報道官は、22日の記者会見でガザの民間防衛局の主張についてコメントを求められたが、この時点では、180人分の遺体しか発見されていなかった。

「パレスチナの民間防衛局が、女性、男性、子供を含む180人が埋葬された集団墓地を発見した。この情報を知っているか、またそれについてのコメントは?」という記者の質問に対し、ミラーは「その報告は受けている。現在、イスラエル政府に問い合わせているところだ」と、答えた。

追加質問で、アメリカは「イスラエルにこの問題についてさらに調査を進めるよう圧力をかけるのか」と尋ねられたミラーは、「まさにそのとおり」と答えた。

イスラエル軍は、ハマスが病院など医療施設を司令部として使用し、人質を拘束していると非難しているが、ハマス側はこれを否定している。

世界保健機関(WHO)は4月6日、ガザ地区最大の病院であるアル・シファ病院がイスラエル軍に包囲され、灰燼に帰したと発表した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中