最新記事
ウクライナ

NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性が初めて言及される

Russia Warns NATO It's Approaching a Red Line

2024年2月28日(水)15時04分
ジョン・ジャクソン

NATOに加盟したばかりのスウェーデンの陸軍部隊(ストックホルム近郊の軍事施設、2月27日) REUTERS/ Tom Little

<NATO軍部隊のウクライナ派兵の可能性を示したフランスのマクロン大統領の発言に対し、ロシアは激しく反発。その場合は直接対決になると警告した>

ロシア政府は2月27日、NATOがウクライナに地上部隊を派遣するならば、NATOとロシアの直接衝突が避けられなくなると警告した。

ロシア側が警告を発するきっかけとなったのは、エマニュエル・マクロン仏大統領の発言で、西側の地上部隊をウクライナに派遣して防衛を強化する可能性を示唆するものだった

マクロンは26日、パリで、欧州諸国がウクライナに直接派兵する可能性について、「いかなることも排除されるべきではない」と語った。「ロシアがこの戦争に勝利しないように、われわれはできることはすべて行う」。

ウクライナを支援する西側諸国は、この戦争に自国の軍隊を投入していない。それは、紛争をエスカレートさせる挑発行為であり、ロシア側が明確に表明している「レッドライン(一線)を越える」行為を意味するからだ。ロシアのドミトリー・ペスコフ報道官は記者会見で、西側の軍隊が戦争に参加するとなれば、直接対決は「避けられない」と述べた。

ロシアの国営タス通信によれば、西側諸国がウクライナに軍隊を派遣してNATOとロシアが直接衝突する可能性について質問されたペスコフは「その場合、衝突は可能性ではなく、必然となるだろう。われわれはそう評価する」と答えた。

ペスコフは、NATO諸国もそのような行動の結果を「評価すべきだ」と付け加えた。ウクライナを支援する西側諸国は、「これが自国の利益、そして最も重要なことだが、自国民の利益に合致するかどうかを自問すべきだ」

NATOトップも派兵を否定

マクロンの「やる気」にもかかわらず、イギリス、ドイツ、イタリア、ポーランド、スペイン、ハンガリーなど、NATO諸国の首脳はこぞって、自国軍のウクライナ派兵を否定した。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長も、NATO軍のウクライナ派兵の可能性を否定した。

「NATOの同盟国はウクライナに前例のない支援を提供している。それは(クリミア併合の)2014年以来のことで、2年前の本格侵攻の後はさらに強化した。だが、ウクライナにNATO軍部隊を駐留させる計画はない」とストルテンベルグはAP通信に語った。

パリでは26日に、ウクライナ支援のための国際会合が開かれ、欧米約30カ国の首脳や代表が参加した。フランス政府は会合後の公式声明で、ウクライナを支援する国々が、サイバー防衛、ウクライナでの兵器生産の増強、「ウクライナでのロシアの攻勢によって脅かされている」モルドバなどの周辺諸国の防衛、ロシアと同盟関係にあるベラルーシとの国境地帯の安全保障の支援、地雷の除去に重点を置くことで合意したと述べた。

ウクライナは外国軍の派兵を歓迎すると見られている。ウクライナ軍よりはるかに大きいロシア軍と戦うための新兵がなかなか集まらずに苦労しているからだ。戦争が3年目に突入するなか、武器や資金面で最大の支援国であるアメリカからの援助が議会の承認が得られずに行き詰っていることにも、危機感を抱いている。「ロシアを勝たせないためには」派兵も辞さないと言ったマクロンに、ヨーロッパが反対できなくなる日も遠くないかもしれない。


202404300507issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が愛した日本アニメ30」特集。ジブリのほか、『鬼滅の刃』『AKIRA』『ドラゴンボール』『千年女優』『君の名は。』……[PLUS]北米を席巻する日本マンガ

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

麻生自民副総裁、トランプ氏とNYで会談 米大統領選

ビジネス

米テスラ、新型モデル発売前倒しへ 株価急伸 四半期

ビジネス

中国当局、地方政府オフショア債への投資を調査=関係

ビジネス

TikTok米事業継続望む、新オーナーの下で=有力
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 3

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 6

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 7

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 8

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中