最新記事
アメリカ政治

トランプら共和党の大統領選候補がメキシコ麻薬組織への軍事攻撃提案 米国への報復招く可能性も

2023年9月26日(火)12時05分

実際のところ、かなりの量のフェンタニルは合法的な国境越えで米国人によって密輸されており、密輸業者に対する殺傷力の行使は政治的に受け入れ難く、ほぼ間違いなく違法だ。

米軍の報道官は「仮定の話」にコメントできないと述べた。

世論調査では52%がメキシコ派兵を支持

トランプ氏は大統領任期の最終年にメキシコへの軍事攻撃を提案。トランプ政権で2代目の国防長官を務めたマーク・エスパー氏の回顧録によると、トランプ氏は20年に少なくとも2回、「麻薬製造所を破壊するためにメキシコにミサイルを撃ち込む」ことができるか尋ねたという。

エスパー氏は、それは違法で戦争行為だと答えたと記している。

しかし、共和党のストラテジストによれば、フェンタニルの蔓延が深刻化する中、党の指名獲得を争う候補者から軍事行動を求める声が強まった。

ヘイリー氏は今月、ロイターとのインタビューで「われわれは待つつもりはない。これ以上の米国民を死なせるわけにはいかない」と述べた。

最近のロイター/イプソス世論調査では、回答者の52%が「麻薬カルテルと戦うためにメキシコに米軍兵士を派遣すること」を支持し、26%が反対。共和党員は64%対28%の大差で支持していた。

それでも、ほとんどの共和党員を含む米国民は、メキシコ政府が承認しなければこのような行動に反対すると答えている。

複数のストラテジストもロイターに対し、共和党候補が大統領に就任しても一方的な軍事行動を取る可能性は低いとの見解を示している。

元メキシコ外務次官のセルジオ・アルコセル氏は、このような行動は「メキシコにとって受け入れがたい」と述べ、組織犯罪や移民に関する情報共有を妨げ、経済関係を損なうことになると述べた。

(取材協力:Dave Graham in Mexico City)

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2023トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア

ビジネス

NY外為市場=ドル指数横ばい、週足では年初来初の下

ワールド

原油先物約3%安、早期米利下げ観測に冷水 FRB高

ワールド

米伊首脳、3月1日にホワイトハウスで会談 ウクライ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 5

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 8

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 9

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 10

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中