いつか大切な人と一緒に見に行きたい「世界で一番ロマンチックな夕景」10選

Can’t-Miss Romantic Sunset Spots

2023年3月3日(金)12時35分
アイリーン・ファルケンバーグハル、ニコール・ウェークリン
パリ

夕暮れ色に染まりゆくパリ FRANTIC00/ISTOCK

<夜景ではなく、夕景。ハワイ、コロンビアのクルーズ船、優雅なブティックホテル、イスラエルの砂漠のレストラン、あの映画のロケ地...。ちょっぴり自慢できる旅行先として>


ピンクから紫へ、刻々と染まりゆく夕暮れの空は実に美しいもの。大切な人と一緒にとびきりロマンチックな夕空を楽しめる、えりすぐりのスポットを世界各地から紹介しよう。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、「偵察衛星運用室」が任務開始=朝鮮中央通信

ビジネス

物価目標の達成、持続的賃金上昇の裏付け必要=野口日

ビジネス

米石油・ガス掘削リグ稼働数、3週連続増=ベーカー・

ワールド

アングル:中国「白い紙」抗議活動から1年、希望と無
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
2023年12月 5日号(11/28発売)

インフレが迫り、貯蓄だけでもう資産は守れない。「投資新時代」のサバイバル術

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者になる?

  • 2

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...「スナイパー」がロシア兵を撃ち倒す瞬間とされる動画

  • 3

    「ダイアナ妃ファッション」をコピーするように言われていた、メーガン妃とキャサリン妃

  • 4

    バミューダトライアングルに「興味あったわけじゃな…

  • 5

    ロシア兵に狙われた味方兵士を救った、ウクライナ「…

  • 6

    男たちが立ち上がる『ゴジラ-1.0』のご都合主義

  • 7

    上半身はスリムな体型を強調し、下半身はぶかぶかジ…

  • 8

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 9

    世界でもヒット、話題の『アイドル』をYOASOBIが語る

  • 10

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 1

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不意打ちだった」露運輸相

  • 2

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者になる?

  • 3

    「大谷翔平の犬」コーイケルホンディエに隠された深い意味

  • 4

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 5

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 6

    米空軍の最新鋭ステルス爆撃機「B-21レイダー」は中…

  • 7

    ミャンマー分裂?内戦拡大で中国が軍事介入の構え

  • 8

    「超兵器」ウクライナ自爆ドローンを相手に、「シャ…

  • 9

    男たちが立ち上がる『ゴジラ-1.0』のご都合主義

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 1

    <動画>裸の男が何人も...戦闘拒否して脱がされ、「穴」に放り込まれたロシア兵たち

  • 2

    <動画>ウクライナ軍がHIMARSでロシアの多連装ロケットシステムを爆砕する瞬間

  • 3

    「アルツハイマー型認知症は腸内細菌を通じて伝染する」とラット実験で実証される

  • 4

    戦闘動画がハリウッドを超えた?早朝のアウディーイ…

  • 5

    リフォーム中のTikToker、壁紙を剥がしたら「隠し扉…

  • 6

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 7

    ここまで効果的...ロシアが誇る黒海艦隊の揚陸艦を撃…

  • 8

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 9

    また撃破!ウクライナにとってロシア黒海艦隊が最重…

  • 10

    またやられてる!ロシアの見かけ倒し主力戦車T-90Mの…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中