最新記事

セレブ

「誰!?」すっぴんのキム・カーダシアン ほぼ認識できず

2023年2月2日(木)17時10分
佐川恵里子

キムといばセンターパーツのロングヘアに濃いメイクだが…(2022年11月5日) REUTERS/David Swanson

<普段メディアに映らないキムの素顔は、世間の印象とは異なるものだった>

キム・カーダシアンは最近、TikTokでとても変わった様子だった。

42歳のキムは自身のスキンケアブランド「SKKN BY KIM」を使いながら、胸の谷間が見える白いタンクトップとボーイフレンドジーンズで胸元を強調していた。これはいつものことだが、顔は我々が思い浮かべるのとかなり違う。言われなければ、キムだと分からない。

【動画】すっぴんのキム・カーダシアン

キムはノーメイクで、トレードマークの長いストレートヘアから一転し柔らかいカールがかかった髪を下ろしていた。普段メディアに映らないキムの素顔は、世間の印象とは異なるものだった。

鼻が細くなったような、眉が丸くなったような、顔の印象が大きく変わったことも気になる。

キムは投稿動画で、自宅のマシンで淹れたばかりのネスプレッソ・コーヒーが入ったマグカップで飲み、笑顔を見せた。

元夫よりTikTokに夢中

最近、彼女はTikTokを利用することが多くなった。1月18日にはTikTokのトレンドに乗っかり「chav」メイクにチャレンジし、やりすぎメイクを披露した。

濃いファンデーションを厚く塗りたくった上に、不自然なほどコンシーラーを乗せ、眉もガタガタの極太、唇はほぼ白。この姿は、視聴者の笑いを誘い「意図せざるTikTokの女王」と注目を集めた。後にキムは、この投稿は娘との賭けに負けた罰ゲームだったことを明かしている。

【動画】「chav」メイクにチャレンジするキム

「キム・カーダシアンがTikTokでやるなんて、これが最後の仕事だと思った」という書き込みに対し、キムは「私もよ!」と応え、こう続けた。「娘とやっている賭け事の負けは、非現実的なゲームよ!」と。

SNSであるTikTok投稿を賭けたゲームを「非現実」とわざわざ言うのは示唆的だ。

2014年から2022年までカニエ・ウエストと結婚していたが、離婚裁判に際し、キムはこのように訴えていた。「カニエは我々家族のプライベートな問題や共同養育に関する誤った情報をSNSで流布し、精神的苦痛を与えました。法廷が離婚を成立させることで、我々の結婚生活がすでに終わっていることをカニエが受け入れ、より良い方向へ進み、子ども達の共同養育をより平和に行う助けになると信じています」

【写真】元夫のカニエとキムのルックは「定番」だった

SNSがリアルな結婚生活を破綻させた一因になったことを思うと、娘の要望とはいえ、キムのTikTokでの活躍は彼女が振り切れたようにも見える。新恋人のコメディアンのピート・デヴィッドソン(当時28歳)とは9ヶ月で別れてしまったが、彼女には4人の宝物がいる。

【写真】破局した元彼

元夫婦はノースちゃん(9歳)とシカゴちゃん(5歳)という2人の娘と、セイント君(7歳)とプサルム君(3歳)という2人の息子をもうけている。養育権はキムとカニエが共同で持ち、2人とも平等に会うことができる。しかし、子どもたちは主にキムと暮らしている。

【写真】キムの4人の宝物


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ユダヤ教超正統派徴兵すべき、イスラエル最高裁 免除

ワールド

スリランカ、2国間債務再編協定を26日に署名の見通

ビジネス

急速な円安・ウォン安巡り「深刻な懸念共有」=日韓財

ワールド

イスラエル軍、ガザ市空爆 少なくとも24人死亡
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 3
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 4
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 5
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 6
    8人負傷のフィリピン兵、1人が「親指失う」けが...南…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 9
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中