最新記事

ファッション

パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

2023年1月30日(月)17時15分
佐川恵里子

Instagram/kristen_mcmenamy

<緊張が走った数秒間......モデルのクリステン・マクメナミーが下したのは、パンプスを脱ぎ捨てるという判断だった>

2023年春夏パリ・ファッションウィークのショー中にモデルが転倒するハプニングが起きた。1月25日(現地時間)に開催された「ヴァレンティノ(Valentino)」のショーに登場したモデルのクリステン・マクメナミーはスティレットヒールで闊歩していたが途中でバランスを崩し、立て直せずそのまま崩れるように腰をついてしまった。ニューヨーク・ポストなど複数メディアが報じている。

クリステン・マクメナミーは80年代から活躍するスーパーモデルで現在58歳。アメリカ出身で、時にはブロンドのロングヘア、時には黒髪という個性的なルックスでスーパーモデル全盛期を彩り、ケイト・モスとともにグランジブームを牽引した。デザイナーのカール・ラガーフェルドに寵愛され、業界のベテランとして知られる存在だ。

>>■■【動画】ショーの最中にモデルが転倒し、パンプスを脱ぎ捨てる瞬間

そんなベテランを苦戦させたスティレットヒールは相当の高さだ。映像からは、クリステンがよろけてから最終的に膝を着くまでの間に、何度もバランスを取ろうと試みる様子が分かる。観衆から、不安げな声が上がり手を差し伸べようとする人もいた。

緊張が走る数秒間、クリステンが下したのは、パンプスを脱ぎ捨てるという判断だった。ヒールを自ら脱ぎ、一足ずつ手にし持ち上げた顔にもう動揺はない。完全に切り替わっていた。そして両手のヒールを放り捨てて、裸足でランウェイを終えた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ベトナムのVPバンク、約1800億円で三井住友FG

ビジネス

独IFO業況指数、3月は93.3に上昇 景気回復の

ワールド

拘束の日本企業社員、スパイ活動の疑い=中国外務省

ワールド

台湾総統、チェコ訪問団を歓迎 「民主主義のパートナ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:グローバル企業に学ぶSDGs

2023年3月21日/2023年3月28日号(3/14発売)

ダイキン、P&G、AKQA、ドコノミー......。「持続可能な開発目標」の達成を経営に生かす

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライブ衣装、きわどすぎて観客を心配させる

  • 2

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 3

    「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った障がい者女性が下着モデルに...批判にも大反論

  • 4

    「次は馬で出撃か?」 戦車不足のロシア、1940年代の…

  • 5

    「カミソリのような鋭い仕立てに定評」──ファッショ…

  • 6

    【デンマーク王室】称号を剥奪された次男ヨアキム王…

  • 7

    ChatGPTは大学教育のレベルを間違いなく高める――「米…

  • 8

    大滝詠一が本当に聴かせたかったのは、この音だった.…

  • 9

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 10

    話題のプーチン「アゴ写真」に重大な誤り...それでも…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    女性支援団体Colaboの会計に不正はなし

  • 3

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの会場で、ひときわ輝いた米歌手シアラ

  • 4

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライ…

  • 5

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 6

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 7

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    インバウンド再開で日本経済に期待大。だが訪日中国…

  • 10

    プーチン「専用列車」の写真を撮影・投稿してしまっ…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    推定「Zカップ」の人工乳房を着けて授業をした高校教師、大揉めの末に休職

  • 3

    訪日韓国人急増、「いくら安くても日本に行かない」との回答も一変......その理由は?

  • 4

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 5

    【写真6枚】屋根裏に「謎の住居」を発見...その中に…

  • 6

    1247万回再生でも利益はたった328円 YouTuberが稼げ…

  • 7

    ざわつくスタバの駐車場、車の周りに人だかり 出て…

  • 8

    年金は何歳から受給するのが正解? 早死にしたら損だ…

  • 9

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 10

    【悲惨動画3選】素人ロシア兵の死にざま──とうとう…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story