最新記事

ファッション

パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

2023年1月30日(月)17時15分
佐川恵里子

Instagram/kristen_mcmenamy

<緊張が走った数秒間......モデルのクリステン・マクメナミーが下したのは、パンプスを脱ぎ捨てるという判断だった>

2023年春夏パリ・ファッションウィークのショー中にモデルが転倒するハプニングが起きた。1月25日(現地時間)に開催された「ヴァレンティノ(Valentino)」のショーに登場したモデルのクリステン・マクメナミーはスティレットヒールで闊歩していたが途中でバランスを崩し、立て直せずそのまま崩れるように腰をついてしまった。ニューヨーク・ポストなど複数メディアが報じている。

クリステン・マクメナミーは80年代から活躍するスーパーモデルで現在58歳。アメリカ出身で、時にはブロンドのロングヘア、時には黒髪という個性的なルックスでスーパーモデル全盛期を彩り、ケイト・モスとともにグランジブームを牽引した。デザイナーのカール・ラガーフェルドに寵愛され、業界のベテランとして知られる存在だ。

>>■■【動画】ショーの最中にモデルが転倒し、パンプスを脱ぎ捨てる瞬間

そんなベテランを苦戦させたスティレットヒールは相当の高さだ。映像からは、クリステンがよろけてから最終的に膝を着くまでの間に、何度もバランスを取ろうと試みる様子が分かる。観衆から、不安げな声が上がり手を差し伸べようとする人もいた。

緊張が走る数秒間、クリステンが下したのは、パンプスを脱ぎ捨てるという判断だった。ヒールを自ら脱ぎ、一足ずつ手にし持ち上げた顔にもう動揺はない。完全に切り替わっていた。そして両手のヒールを放り捨てて、裸足でランウェイを終えた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国新規銀行融資、4月は予想を大幅に下回る M2伸

ワールド

仏総選挙、極右勝利なら金融危機も 財務相が警告

ビジネス

三菱UFJ銀と系列2証券に処分勧告、違法に情報共有

ビジネス

ECB、指標が予想通りなら利下げ継続可能=ラトビア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 8

    ジブリの魔法はロンドンでも健在、舞台版『千と千尋…

  • 9

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    カラスは「数を声に出して数えられる」ことが明らか…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中