最新記事

犯罪捜査

父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴え...その驚愕の真相に迫る

FIELD OF NIGHTMARES?

2022年11月26日(土)19時32分
エリク・ファーケンホフ、ナビード・ジャマリ(いずれも本誌記者)

ドナルド・ステュディーはアメリカ史上最多の犠牲者を出した連続殺人犯かもしれない PHOTO ILLUSTRATION BY NEWSWEEK; SOURCE PHOTO: COURTESY OF LUCY STUDEY

<何十人もの若い男女を殺害し、子供たちに手伝わせて遺体を遺棄したと娘が証言。FBIと保安官が捜査に乗り出した>

現在53歳のルーシー・ステュディーは過去45年間、耳を貸してくれる相手なら誰でも構わず話してきた。自分の父親はおびただしい数の若い男女を殺害し、子供たちに手伝わせて一部の遺体を埋めていた、と。

誰も彼女の話を信じなかった。

だが最近、探知犬を使った捜索が行われ、彼女の言う場所に遺体の一部が埋まっている可能性が浮上した。捜査関係者の話では、そこはネブラスカ州オマハから65キロほど南、アイオワ州西部の辺ぴな一帯だ。

「遺体がある場所は分かっている」と、ステュディーは本誌に話した。父親のドナルド・ディーン・ステュディーは雪のない季節には手押し車で、冬にはソリで遺体を運んだという。多くの遺体は深さ30メートルほどの井戸に投げ捨てたが、未舗装の道の横に穴を掘って埋めることもあったという。「父はただ『井戸に行くぞ』と言うだけだった。でも、それが何を意味するか私には分かっていた」

そう言って、彼女は一瞬口をつぐんだ。「井戸に行くか山に入るたびに、帰ってこられないかもしれないと覚悟した。父に殺されると思ったのだ。口封じのために......」

ステュディーによると、ドナルドは遺体に土と灰汁(あく)をかぶせるよう子供たちに命じることもあったそうだ。

ドナルドは2013年3月に75歳で死んだ。30年間にわたって50~70人の男女を殺したという娘の証言が事実なら、人知れず世を去ったこの男はアメリカの犯罪史上で最悪級の連続殺人犯ということになる。

女性たちを自分の所有地に誘い込み...

今年10月21日、ステュディーは捜査現場であるアイオワ州サーマン郊外の低木地帯にいた。フリーモント郡保安官のケビン・アイストロープとその部下2人、そして探知犬の訓練士と犬2頭が彼女に合流した。「あの一帯に遺体があるという彼女の話は100%信用できる」と、アイストロープは本誌に断言した。

片方の手の甲にLOVE(愛)、もう一方にHATE(憎悪)とタトゥーを入れていたドナルドは、オマハ近辺で知り合った女性たちを山と農地から成る2ヘクタールほどの自分の所有地に誘い込んで殺害した、とアイストロープらはにらんでいる。

ステュディーによると、ドナルドは4人の子供たちに自分がしていることをはっきり分からせようとした。「あの性悪女にはこれが当然の仕打ちだ」などと、子供たちの前で被害者を罵ることもあったという。被害者の女性は全員白人で、家出した15歳の少女が1人いたが、ほとんどは20代か30代だったと、ステュディーは本誌に語った(なお彼女は、結婚後の姓を伏せて旧姓のみを出すという条件で取材に応じた)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

インド製目薬、米FDAが使用中止勧告 薬剤耐性菌で

ワールド

チリで大規模森林火災、少なくとも24人が死亡

ワールド

政府方針と相いれず、任命責任感じる=荒井前秘書官発

ビジネス

カーライル、新CEOに元ゴールドマン幹部シュワルツ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月