最新記事

サイエンス

石を使って自慰行為をするサルが観察される

Scientists Discover Monkeys Use Stones as Sex Toys

2022年8月18日(木)17時49分
ジェス・トムソン

道具使いはお手のもの──観光客の缶ジュースを奪って飲むカニクイザル(タイのランタ島) Lechatnoir-istock.

<ヒト以外の動物も性的快感を得るために道具を使用することを示す希少な報告例>

インドネシアのカニクイザルが石を使って自慰行為をする場面が観察された。

カナダのレスブリッジ大学の研究チームは、バリ島ウブドにある自然保護区モンキーフォレストで、サルが石で性器をこすったり軽くたたいたりして性的に興奮した兆候を示すことに気づいた。

動物行動学の学術誌エソロジーに掲載された論文で、同チームは雄ザルが石でペニスを刺激した後、ペニスが勃起するか、元々見られた勃起が石を使用しない場合よりも長く続いたと報告している。こうした行為は、他のどの年代グループよりも、思春期のサルに有意に多く見られた。

雌ザルは自慰行為による変化が外からは分かりにくく、性的興奮のレベルを計測しにくいが、雌たちも形や大きさを比べて好みの石を選び、性器をこする様子が観察されている。研究チームによれば、ざらついた石や角張った石を好むようだ。

乱婚集団は自慰行為が多い?

このカニクイザルの群れでは、石をおもちゃとして扱うような行動は以前から見られたが、そうした行動ではペニスは勃起しない。今回観察された「石で性器をたたくか、こする行為」ではすぐに勃起するため、「明らかに性的な動機による使用と考えられる」と、研究チームは述べている。

ヒト以外でもチンパンジーや犬など数種の動物が自慰行為を行うことはよく知られており、ヤマアラシでも報告されている。

自慰行為はヒトと近縁な霊長類で最も多く見られるが、野生よりも飼育下のサルが行うケースが多いようだ。交尾相手の不足も一因と見られ、日本の鹿児島県屋久島ではニホンザルがシカの背中に乗り、交尾を試みる前代未聞の事例も報告されている。

自慰行為の有無や頻度は、動物の群れの配偶システムと関連があるようだ。論文の著者らが霊長類の研究者にアンケート調査を行った結果、カニクイザルやニホンザルを含むマカク属など多夫多妻の乱婚システムで繁殖するサルで、雄の自慰行為が最も頻繁に観察されていることが分かった。

石を使って自慰をするサルの写真を見る

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約署名 演説で

ワールド

ウクライナ、NATO迅速加盟正式申請 プーチン氏と

ワールド

米、対ロシア追加制裁へ 中銀総裁など対象 4州併合

ワールド

英、ロシア中銀総裁に制裁 ウクライナ4州併合受け追

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月