最新記事

インド

女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

2022年6月16日(木)17時10分
佐藤太郎

ゾウは自分の安全を脅かされなければ人間をいきなり襲うことはない(写真はイメージ) uzhursky-iStock

<突然姿を現したゾウはマヤさんの遺体に突進し突き飛ばした。その上、地面に叩きつけた遺体を執拗に踏みつけてから去ったという>

インドで女性を襲い殺したゾウがその女性の葬儀中に再び現れ、彼女の遺体を踏みつける事件が起きた。

インドのニュースサイト「The Print」が報じるところによると、インド北東部オディシャ州マユルバンジ地区ライパル村に住む70歳の女性、マヤ・ムルムー(Maya Murmu)さんは、井戸で水を汲んでいた時に野生の象に襲われた。

nw-el-02.jpg

ゾウの襲撃後 Photo via YouTube

このゾウは、隣接するダルマジャルカンド州にあるダルマ野生生物保護区から迷い込んだものとみられる。ライパル村とは約200キロ離れている。

襲われたムルムーさんは病院に搬送されたが、傷がひどく息を引き取った。その後、家族がムルムーさんの遺体を自宅に運び、葬儀の準備を進めていたそのとき、ムルムーさんを襲ったとみられるゾウが現れ、暴れ始めたのだ。

親族たちは逃げ惑い、その場は混乱。慌てふためく人間を尻目にゾウはムルムーさんの遺体に突進し突き飛ばした。その上、地面に叩きつけ執拗に踏みつけてから去っていったという。

nw-el-03.jpg

ムルムーさんを襲ったとされるゾウ Photo via YouTube

遺体はゾウが去った数時間後、無事に火葬を終えた。

ゾウは優しい生き物だけれど...

弁護士で、野生動物の保護団体「Save The Asian Elephants」の創設者であるダンカン・マクネアは、「(ゾウは)優しい生き物だが、その危険性と死に至る可能性を思い出させる事件だった」と米ニューズウィークに語った。

ただ、ゾウが何も挑発されずに今回のような行動を取るケースは稀だと指摘している。とはいえ「挑発されたり虐待されたりすると、死ぬほど危険な存在になりうる」

「象は一般的に温和で、受動的な生き物です。自分の安全を脅かされなければ、何の脅威にもならない人間をいきなり襲うことはない」とした上で、この事件はゾウへの挑発をしていないにも関わらずに起こった惨事であり「驚くべきこと」と語った。

象がわざわざ葬儀に現れ遺体に危害を与えたことは、ゾウの 並外れた認知能力に起因している可能性があるという。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=大幅続落、FRBタカ派見通し受けた金

ワールド

南ア中銀、金利据え置き 財政悪化による物価リスク指

ビジネス

米下院、国防歳出関連法案を否決 政府機関閉鎖迫る

ビジネス

NY外為市場=ドルやや軟調、円は日銀決定会合控え上

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:グローバルサウス入門

特集:グローバルサウス入門

2023年9月19日/2023年9月26日号(9/12発売)

経済成長と人口増を背景に力を増す新勢力の正体を国際政治学者イアン・ブレマーが読む

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    米モデル、ほぼ全裸に「鉄の触手」のみの過激露出...スキンヘッドにファン驚愕

  • 2

    常識破りのイーロン・マスク、テスラ「ギガキャスト」に「砂」活用し他社引き離す

  • 3

    豪サーファー、ペットのニシキヘビと波乗り あまりに動画が拡散された結果...

  • 4

    服着てる? 米セレブ、「まるで全裸」の過激衣装でイ…

  • 5

    ロシアの裏庭でアゼルバイジャンが「対テロ戦争」を…

  • 6

    イギリス史上最悪の首相? あのお馬鹿な「最短命」首…

  • 7

    エミリー・ラタコウスキー、ほぼ全裸の貝殻ビキニ姿…

  • 8

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 9

    「裸にスポンジだけ」の大胆露出...米女優の自称「清…

  • 10

    バストトップもあらわ...米歌手、ほぼ全裸な極小下着…

  • 1

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務所の「失敗の本質」

  • 2

    突風でキャサリン妃のスカートが...あわや大惨事を防いだのは「頼れる叔母」ソフィー妃

  • 3

    服着てる? 米セレブ、「まるで全裸」の過激衣装でイベント降臨...靴までスケスケ

  • 4

    米モデル、ほぼ全裸に「鉄の触手」のみの過激露出...…

  • 5

    インドネシアを走る「都営地下鉄三田線」...市民の足…

  • 6

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 7

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 8

    「死を待つのみ」「一体なぜ?」 上顎が完全に失われ…

  • 9

    エミリー・ラタコウスキー、ほぼ全裸の貝殻ビキニ姿…

  • 10

    「ここまで落ちぶれたのか」...プーチンが見せた、金…

  • 1

    墜落したプリゴジンの航空機に搭乗...「客室乗務員」が、家族に送っていた「最後」のメールと写真

  • 2

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 3

    イーロン・マスクからスターリンクを買収することに決めました(パックン)

  • 4

    <動画>ウクライナのために戦うアメリカ人志願兵部…

  • 5

    「児童ポルノだ」「未成年なのに」 韓国の大人気女性…

  • 6

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務…

  • 7

    サッカー女子W杯で大健闘のイングランドと、目に余る…

  • 8

    バストトップもあらわ...米歌手、ほぼ全裸な極小下着…

  • 9

    「これが現代の戦争だ」 数千ドルのドローンが、ロシ…

  • 10

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中