最新記事

事故

南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

Photo Appearing to Show Crashed U.S. F-35 Circulates on Social Media

2022年1月28日(金)15時10分
ジョン・フェン

空母カールビンソンに着艦するF35CライトニングⅡ(2018) U.S. NAVY/MASS COMMUNICATION SPECIALIST 3RD CLASS MATTHEW GRANITO

<至近距離から撮影した出処不明の画像には海に沈む直前とみられる最新鋭ステルス戦闘機の姿が>

南シナ海では1月24日、米海軍の最新鋭ステルス戦闘機F35Cが空母への着艦に失敗する事故が発生したが、この事故機とみられる画像が、ソーシャルメディア上で出回っている。問題の画像には水面に浮かぶ戦闘機が映っており、パイロットの姿は見えない。ツイッターやレディット、中国版ツイッター「微博」のユーザーたちは、これが事故を起こしたF35CライトニングⅡだと考えている。

F35Cは24日、南シナ海での通常飛行中に空母カール・ビンソンへの着艦に失敗。空母の甲板に衝突した後、海に落下した。この事故で、脱出したパイロットを含む7人が負傷した。

ハワイの真珠湾に司令部を置く米太平洋艦隊は、機体の状態について詳細を明かしていないが、報道によれば海軍は機体の回収に向けた準備を行っている。複数の有識者は、中国政府が先回りして、最新のステルス技術を求めて機体を回収する可能性もあると示唆している。

F35YOKO.jpgWEIBO

ソーシャルメディア上に出回っている画像の出処は不明だが、携帯電話で撮影した映像のスクリーンショットのように見える。至近距離から撮影されていることを考えると、動画を撮影したのは、近くにいた米海軍の艦艇かもしれない。画像には、操縦席が無人の状態のF35Cと、その近くに機体の破片が複数浮いている様子が映っており、この後、機体は海に沈んだとみられる。

中国の軍事愛好家は興味津々

米空母「カール・ビンソン」と「エイブラハム・リンカーン」が率いる空母打撃群は、1月17日から23日にかけて、西太平洋の沖縄南方の海域で、日本の海上自衛隊と共同訓練を行い、23日から南シナ海での訓練を行っていた。F35Cの事故が起きたのは、その翌日のことだ。

中国の軍事愛好家たちは、今回の事故に大きな関心を寄せている。複数の愛好家によれば、事故機のシリアルナンバーは「169305」。これが確かなら、海に落下したのは「カール・ビンソン」に艦載されている第2空母航空団の第147戦闘攻撃飛行隊に初めて装備されたF35Cということになる。

太平洋艦隊は、事故の原因については調査中との声明を発表。また米第7艦隊のニコラス・リンゴ大尉は24日、ロイター通信に対して、米海軍が機体の回収を行うと説明。だが中国も同様に機体の回収を試みるのかどうかについては、憶測を控えた。

中国外務省の趙立堅副報道局長は、27日の定例会見で次のように述べた。「アメリカは過去にも、南シナ海で事故を起こしている。(2021年10月に)米原子力潜水艦が海山に衝突した事故について、アメリカからまだ明確な説明はない。そして今度は、空母に装備された航空機が南シナ海に落下した」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ、国連・赤十字にロシア軍捕虜収容所への代

ワールド

ロシア、中国などの「友好国」通貨購入を検討 政府系

ワールド

トランプ氏、核文書が家宅捜索の目的との報道否定 「

ビジネス

米ミシガン大消費者信頼感、8月は55.1に上昇 予

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月