最新記事

米大統領

バロン君、初めてのホワイトハウス暮らしは天国?地獄?

Barron Trump's White House Life Will Be Sweet, Tough

2017年6月12日(月)18時15分
ジュリア・グラム

バロン・トランプにとってホワイトハウスは自宅より手狭!? Win McNamee-REUTERS

<トランプが大統領に就任した後もニューヨークのトランプタワーに留まっていたメラニアとバロンのホワイトハウス暮らしが始まった。プールや映画館付きで普通の子供には楽園のようでも、トランプタワーのワンフロアを自室として使っていたバロンには?>

メラニアとバロンがホワイトハウスにやって来た。

【参考記事】【写真特集】トランプ就任、「ポピュリスト大統領」の誕生

ドナルド・トランプが1月に大統領になってから、これほど長い間ホワイトハウスに引っ越さなかったファースト・レディと「ファースト・ボーイ」は2人が初めて。それが6月11日に遂に引っ越し。メラニアとバロン(11)はニューヨークのトランプタワーにある自宅を離れ、これからはホワイトハウスでトランプ大統領と共に暮らすことになる。

(「新しい家で思い出をつくるのが楽しみ!」 ホワイトハウスの公式ツイートで)


歴代大統領には皆子供がいたが、男の子がホワイトハウスにやってくるのはジョン・F・ケネディ大統領の時以来だと、CNNは伝える(ケネディ以降の大統領に息子はいても、既に独立していた)。

ボーリング場からプール、映画館まで何でもあるホワイトハウスは、子供にとっては楽園だ。ジミー・カーター元大統領の娘エイミーは木の上の家を持っていたし、ケネディ元大統領の娘で前駐日米大使のキャロライン・ケネディはマカロニという名のポニーを飼っていた。セオドア・ルーズベルトの娘アリスはペットの蛇を連れて歩き、ジョージ・W・ブッシュの双子バーバラとジェンナはサンルームの手すりを滑るのが好きだった。

バロンには住まいの格下げ

だが、子供たちは後々こぼしてもいる。エイブラハム・リンカーンの息子ウィリーは「いつも見られていていやだ」と言ったという。リンドン・ジョンソンの娘ルーシーはホワイトハウス暮らしの経験を「いかめしい博物館と、みんなが覗き込む金魚鉢と、刑務所に住むようなもの」と描写した(『White House for Kids: A History of a Home, Office and National Symbol』)

とくに、トランプタワーのワンフロアを自分の「部屋」として与えられていたバロンにすれば、ホワイトハウスへの引っ越しは格下げに相当すると、セレブサイトのタウン・アンド・カントリーは報じている。不満もひとしおかもしれない。

【参考記事】トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

いずれにしろ、ホワイトハウスに住むのは「普通ではない。普通ではありえない」と、オバマ、ブッシュ両家の友人であるダグ・ウィードはかつてニューヨーク・タイムズ紙に語った。「どんなに努力しても、大統領の子には困難がつきものだ」

ニュース速報

ワールド

韓国、対空ミサイルの実射訓練に成功

ワールド

金正恩氏、最先端兵器を「より多く製造へ」 科学者ら

ビジネス

長期金利想定、過去最低に並ぶ1.1%で調整=18年

ワールド

原油先物が上昇、米原油在庫は予想以上の取り崩し

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 9

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 8

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月