最新記事

米大統領

【写真特集】トランプ就任、「ポピュリスト大統領」の誕生

2017年1月21日(土)13時19分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Evan Vucci-REUTERS

<就任演説でこれまでのアメリカ政治を手厳しく批判したトランプ新大統領。ポピュリズムの暴走を止められない民主主義の危うさを感じさせる>(写真:就任パレードでメラニア夫人、息子バロンとともに観衆に手を振るトランプ)

 現地時間の20日正午。ドナルド・トランプは宣誓を終えて正式に第45代アメリカ大統領に就任した。世界が注目した就任演説では、「常にすべてのアメリカ人のために戦う、アメリカ人が無視されることは2度と許さない」と語った。貿易政策や減税、移民政策、外交を通じて、アメリカの労働者とその家族に雇用を取り戻し、国境管理を強化し、富と新しい夢をもたらすと誓った。「力の限り戦う。決して君たちを失望させない」
 
 一方でトランプは、ワシントンの支配階級を「口だけで行動しない」連中と批判。母と子を貧困に追いやり、工場を潰し、ギャングと麻薬を野放しにしてアメリカを「大虐殺」した犯人だと糾弾した。

【参考記事】ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文(英語)
 
 驚くことに、すぐそばで演説を聞いていた歴代大統領たち――バラク・オバマもジョージ・W・ブッシュ、ビル・クリントンの誰も抗議はしなかった。それどころかニコニコ笑い、演説後にはトランプと抱き合った。18世紀から続く神聖な大統領就任式と平和的な権力移行を実現してきたアメリカの民主主義に対する尊崇の念が強すぎて、過ちが起こっても認められない麻痺状態に陥っているようにも見える。
 
 何事もなかったように、就任式は続く。トランプと妻メラニアは20日夜、少なくとも3つのダンスパーティーに出席することになっている。

trump01.jpg

就任式の会場となったワシントンの議会議事堂 Carlos Barria-REUTERS


trum02.jpg

大統領就任の宣誓をするトランプ Kevin Lamarque-REUTERS


trum03.jpg

大統領選を戦ったヒラリーも夫ビルとともに就任式に参加 Kevin Lamarque-REUTERS


trump04.jpg

オバマは8年の任期を終えてトランプにバトンを引き渡した Lucy Nicholson-REUTERS


trum05.jpg

就任式を見るために数十万人のアメリカ市民が全米から集まった James Lawlen Dugger-REUTERS


trum07.jpg

ホワイトハウスに入ったトランプは執務室で職務を開始 J. Scott Applewhite-REUTERS

ニュース速報

ワールド

第3四半期のタイGDP、前期比+1.0% 予想上回

ワールド

NAFTA再交渉、加・メキシコは自動車で対案提示せ

ビジネス

正午のドルは112円付近、独連立協議決裂でユーロ/

ビジネス

トランプ大統領、オバアケアの一部撤廃にこだわらず=

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    20年以内に、人々の主要なタンパク源は昆虫になる──…

  • 6

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    制作に200億投資、爆走アベマTVは「稼げるメディア」…

  • 9

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月