最新記事

米外交

オバマの真似? トランプが中東でイスラム教徒に演説

Donald Trump Wants to Unite 'Muslim World' With Speech on Radical Islam

2017年5月18日(木)16時50分
ハリエット・シンクレア

歴史的演説 2009年、カイロ大学でイスラムの西側の融和を呼び掛けたオバマ米大統領(当時) Larry Downing-REUTERS

<オバマ前大統領の歴史に残るカイロ演説から約8年。お膳立てはいいけど、期待に応えられるの?>

19日から中東・欧州を歴訪するドナルド・トランプ米大統領はサウジアラビアで、イスラム過激派との戦いを呼び掛ける演説を行う。

国家安全保障問題担当の大統領補佐官、H.R.マクマスターは16日、トランプがサウジアラビア滞在中にイスラム教徒が多い国の指導者50人に対し、イスラム過激主義と対決する必要性を語ると明かした。

ホワイトハウスの記者会見でマクマスタ―は、「この演説は文明社会の共通の敵に対して、広くイスラム社会を団結させ、またイスラム社会に対するアメリカの協力を約束するよう意図している。」と述べた。

【参考記事】中東和平交渉は後退するのか──トランプ発言が意味するもの

中東歴訪中、トランプはサウジアラビアでサルマン国王とお茶を共にするほか、イスラム過激派に対抗し、穏健派イスラムを奨励する新たなセンターの設立に参加する。マクマスタ―は、「センターの設立によりサウジアラビアを含むイスラムの友好国は過激主義や、犯罪や政治的な目的のために宗教を悪用するものに対し、一致して対抗できる」と加えた。

イスラム過激派に関するトランプのスピーチはこれまで、昨年の米大統領選中の演説で触れたものがほとんど。それも、内容はイスラム過激派がアメリカに及ぼす脅威について。イスラム教徒が多い国々からのアメリカ入国を禁止する大統領令でも、世界中のイスラム教徒から反感を買っている(入国禁止令は裁判所に差し止められた)。

【参考記事】サウジ国王御一行様、インドネシアの「特需」は70億ドル超

【参考記事】中東の盟主サウジアラビアが始めたアジア重視策

目指すはオバマか

大統領就任後初となる海外訪問で最初のスピーチの場にサウジアラビアを選んだトランプの決定は、バラク・オバマ前大統領が2009年にエジプトで「新たな始まり」を呼び掛けたカイロ演説を連想させる。オバマは選挙期間中から、アメリカとイスラム諸国の関係強化を目指し、大統領就任後の数カ月の間にイスラム国家で演説をすると宣言していた。

オバマは、イスラム教徒の友人や家族との個人的な体験を語り、イスラエルとパレスチナの二国家共存による和平に取り組む姿勢を示すとともに、イスラム過激化の危険を訴えた。

【参考記事】「父はムスリム」と胸を張ったオバマ

マクマスターは、トランプのスピーチ内容の詳細には触れていないが、オバマと同じような調子になるのか、そもそもそれがトランプの望みなのかは、まだわからない。

トランプの中東・欧州歴訪は、サウジアラビアを皮切りに、エルサレムでイスラエルのルーベン・リブリン大統領、ベツレヘムでパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長を訪問する。24日にバチカンでローマ法王と会談。25日にブリュッセルで開かれるNATO(北大西洋条約機構)首脳会議に出席する予定だ。

【参考記事】中東和平交渉はコッソリやれ

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

特別リポート:NYに潜む危険な鉛汚染、子ども540

ワールド

焦点:北朝鮮の金正恩指導部に亀裂か、最側近の軍司令

ビジネス

「近い将来」に利上げ正当化される可能性=米FOMC

ビジネス

米国株が薄商いの中ほぼ横ばい、ネット中立性原則撤廃

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視の交配の犠牲に

  • 3

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 6

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    犬も鬱で死ぬ 捨てられたショックで心は修復不可能に

  • 9

    もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディ…

  • 10

    韓国でスープになる直前の犬を救出 ベトナムでは犬…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 10

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月