最新記事

シリア

アサドの化学兵器使用はオバマのせい──トランプ政権

Chemical Weapons Attack Ramps Up Washington Debate on Syria

2017年4月5日(水)16時46分
ロビー・グレイマー

化学兵器によるとみられる空爆の後、毒を洗い流すために水をかけられる子供 Social Media Website/REUTERS

<シリアのアサド政権は、反体制武装勢力に対して何度も化学兵器を使ってきた。それが再び使われたのは、アサドに対する武力攻撃まで約束しながら実行しなかったオバマのせい、あとはシリア人が決めることだと米政府は言う>

シリア北部の反体制派の支配地域イドリブ県で4日、化学兵器を使ったとみられる空爆があり、死傷者数は数百人を超えるとみられる。現地の医師によると、病院に運び込まれた犠牲者は、サリンなど猛毒の神経ガスの使用が疑われる症状を訴えている。シリアのバシャル・アサド政権は、過去にも神経ガスを使用した疑惑がある。

【参考記事】シリアで起きていることは、ますます勧善懲悪で説明できない

シリアの戦争監視団や医療関係者は当初、死者は少なくとも50人、負傷者は300人と伝えた。一方、シリア国内の人道団体と連携する「医療救済機構連合」は、死者は少なくとも100人、負傷者は400人以上にのぼると報じた。

今回の空爆がアサド政権による攻撃であることが確実となれば、6年に及ぶ内戦の末にシリア政府が反政府勢力をいよいよ潰しにかかっていることを示す最新の事例になる。オバマ前政権と違いアサド大統領への退陣要求からは距離を置いていたドナルド・トランプ政権にとっては、アサドが自国民を無差別に攻撃したとなると対シリア外交の舵取りが難しくなる。

国連の調査によると、シリア政府は2014年と2015年に反体制派の支配地域で化学兵器を使用。4日の空爆は、数百人の死者を出した2013年8月のアサド政権によるガス攻撃以来、最大規模の化学兵器を利用した攻撃となる。

レックス・ティラーソン米国務長官は先週トルコで、「アサドの退陣はシリア人が自ら決めることだ」と発言。米国のニッキー・ヘイリー国連大使も3月30日、アサドの政権打倒は米国の優先課題ではないと語った。

優柔不断なオバマのせい?

ティラーソンは4日、当初はコメントを拒否したものの、数時間後にアサドを「残忍で恥知らずな野蛮行為だ」と述べ、化学兵器を使った空爆を非難した。

米議会の共和党内でも議論になっている。ジョン・マケイン上院議員は、トランプ政権は「反体制派を抑え込むアサド政権を見て見ぬふりをしている」と批判した。また、ティラーソンのトルコでのコメントについて、「米国史上恥ずべき一章」とこきおろした。

「ヘイリーやティラーソンの発言は、アサドを勇気づけるものだ」と、マケインは言った。

ドナルド・トランプ米大統領は、今回の化学兵器攻撃はシリア政府によるものだと認めた上で、これはバラク・オバマ前大統領の「弱さと優柔不断」が招いた「当然の結果」だと声明で語った。

オバマ前政権は2013年8月、化学兵器使用を「レッドライン(越えてはならない一線)」と規定し、シリアへの軍事攻撃に踏み切る姿勢を示したが、化学兵器使用が明らかになっても介入を見送った。また2013年の化学兵器使用後には、アメリカとロシアがシリアの化学兵器廃棄に乗り出したが、完全廃棄には至らなかったか、製造が続いていたと見られる。

【参考記事】シリア政府は本当に化学兵器を使ったのか
【参考記事】ロシアはシリアから化学兵器を奪い取れるか

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月